100mの代表選考方法が変更された事に対し、妙な記事がでました。
ザックリ言うと、日本選手権の一発選考からIAAFのランキング方式に代わることがダメだというもの。

まーどっちでもいいんだけど、これが桐生ルールだって言いだしてる人がいるようです。
記者的には、一発選考の舞台として盛り上がっている日本選手権が形骸化、格が下がり、ぬるいものになる。ということらしい。さらにはポイントを稼げるレースに出るだけで代表になれると考えている。

陸上知っている人からしたらそもそも日本選手権なんか全然盛り上がってないし、東京五輪からは参加標準ではなくてランキング制になることは知られている。
記者がなんでこんなに対立軸をつくりたがっているのかはわからないが、陸上に興味なさそう。

『大手企業に所属して海外遠征行き放題な桐生選手が楽にポイント稼いで代表になれるようにしたルール改正だ』ってことで、桐生ルールって言いたいようだけど。それ言い出したらSEIKOの方が金あるだろうし、ケンブリッジ選手なんてナイキに所属している。
たぶん桐生しか名前知らないんだろう。


個人的には、日本選手権自体があんまりおもしろくないと思ってます。