現在の走高跳び界では『背面跳び』が主流です。
高校以上の大会ではほぼすべての選手が背面跳びで跳んでいます。
いまのところ、この背面跳びが理論的に最も効率的だとされているからです。
今ではあたりまえになったこの背面跳びは、1968年までは一般には存在しなかったのです。

という雑学のお話。





続きを読む