ただ走るだけなら誰でも出来るけど、いざ大会に出るとなると敷居が高い。
足の速い人がたくさんいるなかで緊張してしまうであろう初めて大会出場。
部活に入って初めての大会、春になって陸上デビューして初めての大会で、気を付けるポイントと基本的なルールを解説。
細かいことは大会に申し込もう大会で走ろうでも書いてます。




大会当日の流れ

とりあえずユニフォームとスパイクだけは忘れないようにしましょう。それさえあればあとは↓の流れをトレースすれば大丈夫。

①早めに会場入りしよう

タイムテーブルを確認して、開始時間の2時間前くらいには会場入りしましょう。受付でナンバーカードとプログラムをもらい、スタンドでユニフォームにナンバーをつければとりあえず準備オッケー。
あとはアップしたりして時間を過ごせばいいのですが、プログラムで自分の走る組やレーンを確認しておきましょう。自分が何組何レーンかわからないと招集の時に焦ります。
会場に付いたくらいでおにぎりを食べておくとレースでお腹が空いて力が出ないっていうことは避けられます。

②招集には遅れるな!!

トラック種目の場合は競技開始の20~30分前、フィールド種目は60~70分前くらいに招集があります。順番にナンバーが呼ばれるので、招集開始前には招集場所にいるようにしましょう。
ユニフォームは着なくてもナンバーを付けた状態で見せれば良い場合がほとんどですが、たまにユニフォームを着ないといけないパターンもあります。
大きい大会になると係員は仏のような人ばかりですが、小さい大会で学校の先生系の人が招集係だと何もしてないのに怒鳴られることがありますのでその時は言い返したりせずに無になってやりすごしましょう。そういう意味でも招集開始時間の前にいた方がいいです。
招集の前に、丸付け(一次コール)がある大会もありますので、貰ったプログラムをよく確認しましょう。招集場所がわからなければ係員に聞けば教えてくれます。
腰番は招集でもらえるはずです。

続きを読む