お正月といえば箱根駅伝。
戦国時代と言われて久しい箱根ですが、2018年の箱根駅伝ではいつもとちょっと違う事が話題になりました。
それは、シューズのシェア

昔からのマニアックな箱根駅伝の観かたのひとつに、靴やユニフォームの提供メーカーを数えるというものがあります。長い長い駅伝を飽きずに観るためのひとつの手段なのですが、今年はその観かたが脚光を浴びています。
今年の箱根のシューズは、『ナイキ対ニューバランス』あるいは『厚底対薄底』の時代の幕開けともいえる大きな変換点になりました。今年ほど一気にシェアが動いたことは過去にないと思います。
これは箱根駅伝のみならず、陸上界全体に波及する可能性のある大きな出来ごとかも。
(数字は数えた結果なので違ったらごめんなさい)




年代別シューズのだいたいの流れ

2000年代前半

ミズノとアシックスがほぼすべてのシェアをもっており、色もほとんどが白。たまに黒や赤のシューズを履いている選手がいる程度でした。市販されているシューズはほとんどが白で、青や赤を履いてると目立つような時代。オーダーシューズでも白基調が多かった。

2000年代後半

色を変えたシューズが増えますが、まだ白が多い。大学スポーツの硬派な流れがこの頃まではありました。まだサングラスをしているとチャラいような時代。視聴者はまだシューズなんて見てない。ショップで市販されているシューズもまだミズノとアシックスがほとんどで、ナイキがちょっとある程度。アディダスは撤退状態で、ミズノ・アシックス以外を履くのはちょっとハズシでした。

続きを読む