秋から2018年モデルが出始めています。
ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。
トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。

モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照...
アシックスはこちら(アシックス編


ミズノ

アシックスにシェアをリードされ、近年は迷走状態にあります。
新作を見ても迷走はしばらく続きそうです。
①ウェーブエンペラージャパン(2→3に)
②ウェーブエンペラー(2→3に)
③ウェーブシャドウ(Newモデル)
④ウェーブライダー21(20→21に)
今回は上記4つのモデルにモデルチェンジがありましたので紹介します。

①ウェーブエンペラージャパン3

¥18,360 (本体価格¥17,000)、約175g(27.0cm片方)
ミズノのフラッグシップモデルで日本製。ウェーブエンペラージャパン2の後継モデルです。
大きくモデルチェンジしました。前作の2までは、『ウェーブエンペラー』と、『ウェーブエンペラージャパン』の2モデルがあり、それぞれ国産か外国産かという違いはありましたがパっと見ではそれほど大きな違いはありませんでした。なんで分けてるのか分からないっていう声が多かったのでしょう。18年モデルからは差別化が図られています。
SH_J1GA187562_03
まず、2から変わった部分は、シューレースが前足部まで伸びた事。
続きを読む