毎年冬になると、各メーカーから新作スパイクが発表されます。
2018年は世界陸上もオリンピックも開催されない穴の年ですので各メーカーあまり活発ではありません。


ミズノ

ほとんどが色違いで継続。トラックのジオシリーズはアッパーが変更になった。
ジオサイクロンが廃盤になり新しくジオバーサスが発売。

クロノシリーズ
オニキス(継続)
インクス9(継続)
ディスト7(色違い)

ジオシリーズ(トラック)
スプリント4(アッパー変更)
サイレンサー9(アッパー変更)
ジオストリーク(変更?)
ジオバーサス(NEWモデル)
ジオスプラッシュ(色違い)

初心者向け
シティウスウイング2(色違い)
ブレイブウイング3(色違い)

フィールド
HJとJTが2になった。他は継続。

ジオバーサス

¥ 18,900 (本体¥ 17,500)、約175g(26.0cm片方)
2018年1月発売
ジオサイクロンの廃盤に伴って新しく発売。ピン配置がジオサイレンサー、ジオストリークと同じになった。グリップ重視の配列のため、力が弱くてもスパイク負けすることなく走ることが出来るはず。
メーカー曰く『オールウェザー専用をはじめて手にするキミへ。柔軟性とクッション性に優れたスプリントスパイク。』ということで相変わらず中途半端な位置づけではあるが、初心者が選ぶなら負担が少なくて良いかも。
軽いので冬季練習用にも使えるが、中級以上でこれ1足ではちょっと物足りなさそう。
SH_U1GA181525_LL
続きを読む