陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

カテゴリ: ランニングシューズ

お正月といえば箱根駅伝。
戦国時代と言われて久しい箱根ですが、2018年の箱根駅伝ではいつもとちょっと違う事が話題になりました。
それは、シューズのシェア

昔からのマニアックな箱根駅伝の観かたのひとつに、靴やユニフォームの提供メーカーを数えるというものがあります。長い長い駅伝を飽きずに観るためのひとつの手段なのですが、今年はその観かたが脚光を浴びています。
今年の箱根のシューズは、『ナイキ対ニューバランス』あるいは『厚底対薄底』の時代の幕開けともいえる大きな変換点になりました。今年ほど一気にシェアが動いたことは過去にないと思います。
これは箱根駅伝のみならず、陸上界全体に波及する可能性のある大きな出来ごとかも。
(数字は数えた結果なので違ったらごめんなさい)




年代別シューズのだいたいの流れ

2000年代前半

ミズノとアシックスがほぼすべてのシェアをもっており、色もほとんどが白。たまに黒や赤のシューズを履いている選手がいる程度でした。市販されているシューズはほとんどが白で、青や赤を履いてると目立つような時代。オーダーシューズでも白基調が多かった。

2000年代後半

色を変えたシューズが増えますが、まだ白が多い。大学スポーツの硬派な流れがこの頃まではありました。まだサングラスをしているとチャラいような時代。視聴者はまだシューズなんて見てない。ショップで市販されているシューズもまだミズノとアシックスがほとんどで、ナイキがちょっとある程度。アディダスは撤退状態で、ミズノ・アシックス以外を履くのはちょっとハズシでした。

続きを読む

秋から2018年モデルが出始めています。
ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。
トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。

モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照...
ミズノは『ミズノ編』をご参照...



アシックス

以前としてミズノよりも人気があるが、海外勢の方に押され失速気味。カラーバリエーションを増やしたりマイナーチェンジをしてごまかしてはいるが、最近はこれといった動きがない。

①ターサージャパン(マイナーチェンジ)
②ターサージール(5→6に)

今回は上記2つのモデルにを紹介。

①ターサージャパン

TJR076_3801_0010265523_FR

¥17,280 (税込)
アシックスのフラッグシップモデルで日本製。
2018年モデルはマイナーチェンジがあり、アッパーの構造が微妙に変更されました。保守的だった色も変な緑に。いったい何を考えているのかわかりませんが、アディダスの色をパクった?
TJR076_3801_0010265523_TP
シューレースを通す穴の位置も微妙に変わった。アッパー変更と穴位置変更がフィット感にどれだけ影響があるかは人によるだろうから、いままでジャパンを履き続けてきた人でも気になる人は試し履きした方がいいかも。
TJR076_3801_0010265523_BT

続きを読む

秋から2018年モデルが出始めています。
ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。
トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。

モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照...
アシックスはこちら(アシックス編


ミズノ

アシックスにシェアをリードされ、近年は迷走状態にあります。
新作を見ても迷走はしばらく続きそうです。
①ウェーブエンペラージャパン(2→3に)
②ウェーブエンペラー(2→3に)
③ウェーブシャドウ(Newモデル)
④ウェーブライダー21(20→21に)
今回は上記4つのモデルにモデルチェンジがありましたので紹介します。

①ウェーブエンペラージャパン3

¥18,360 (本体価格¥17,000)、約175g(27.0cm片方)
ミズノのフラッグシップモデルで日本製。ウェーブエンペラージャパン2の後継モデルです。
大きくモデルチェンジしました。前作の2までは、『ウェーブエンペラー』と、『ウェーブエンペラージャパン』の2モデルがあり、それぞれ国産か外国産かという違いはありましたがパっと見ではそれほど大きな違いはありませんでした。なんで分けてるのか分からないっていう声が多かったのでしょう。18年モデルからは差別化が図られています。
SH_J1GA187562_03
まず、2から変わった部分は、シューレースが前足部まで伸びた事。
続きを読む

大会ではスパイクを履きますが、練習ではシューズを履いて走ることもあるでしょう。
特にシーズンオフの間は数カ月間スパイクを履かないという選手も。
ロードを走るにしても、競技場を走るにしても必要なランニングシューズですが、種類が多すぎて何を買ったらいいのか分からない。
3回くらい買えば自分に合ったシューズがわかってきますが、初心者が買うべきシューズは?

ロードメインではなく陸上競技のシューズとして基本的なところを解説。
続きを読む

相変わらずのランニングブームです。各メーカーそれぞれが10種類くらいはシューズを出しています。
ドル箱市場。長距離ランナーには最高の時代でしょうが、短距離ランナーにとってはどれを選べばいいのかわからない状況でしょう。

そんな大賑わいな2017年ランニングシューズ事情。
ラインナップが多いので、陸上競技的に使えそうなやつをピックアップ。
マラソンの場合はアスファルトを走るのでソールのクッションが大事ですが、陸上で使う場合はパワーをかけるのでアッパーが大事。初心者用みたいに分厚いアッパーだとブレすぎてダメです。薄めなアッパーを選びましょう。

5段階で個人的評価を導入してみました。あくまで参考に。

☆ミズノ☆ 盛り返してきた?

去年まで売り場ではアシックスに押されていた印象のミズノですが、今季はわりと盛り返している気がします。
マラソンシューズとしては薄いラインナップなのかもしれませんが、各シューズの個性が分かれているので競技用として考えるとわかりやすい。

やっぱりMADE IN JAPANの『ウェーブエンペラージャパン2』。お値段驚きの17,000円。外国産のやつは13,900円。
エンペラーなんて偉そうな名前ですけどウェーブスペーサーの後継です。実質おんなじ。で、『エンペラージャパン』はスペーサーの国産モデル『スペーサーGL-J』の後継です。
アシックスのターサーJAPANみたいにフラッグシップはモデルチェンジしないでブランドを育てた方がいいと思うんだけどなぁ。売れないんだろうけど。


いろいろあってどれがどれだかよくわからない状態ですが
スピード系ではエンペラー > エアロ = アミュレット > ライダー
っていう上下関係で良いと思います。

もしスペーサーがまだ投げ売りされてたら即買いして良いと思う。

ウェーブエンペラー(ジャパン)2

13,900(17,000)円 175g
軽量度:5
クッション:2
耐久度:2
コスパ :4
オススメ度:5
総評:スペーサーの後継の皇帝。MADE IN JAPAN。死ぬまでに一度は履いておきたい。ランシューの良い所が詰まった靴。冬季のスピード練に使える。前足部は超やわらかくてクッションなんてほとんどないけど、かかとのクッションは意外にもしっかりしてる。使ってると半年くらいでヘタるしツブツブがなくなってくるのが難点。年に1回は買い替えるつもりならオススメ。雨で履くと一発で臭くなる。
スペーサーGLはソールの前後がもっとはっきり分かれてたけど、エンペラーはフラットに近くなってる。だんだんマラソンシューズに寄って行っちゃうのかも。エンペラーTRっていう名前だけ一緒な別ものがあるので注意。
[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエンペラージャパン 2 [メンズ] (現行モデル) 03ブラック×シルバー×オレンジ 24.5

続きを読む

このページのトップヘ