陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

カテゴリ: ランニングシューズ

☆お知らせ☆
ブログをお引っ越しします。こちらのブログの記事は順次引っ越し先に移転していくつもりです。
それまでの間、表示が見にくかったり記事が一時的に消えたりするかもしれませんがご了承ください。
引っ越し先:https://rikujo-ch.com


陸上競技をメインにした当ページですが、今回はビギナーランナーも含めたランニング初心者にオススメなシューズと、初心者のシューズ選びについて紹介します。
『初心者 ランニングシューズ』でググればいろんな人がいろんなこと書いてますので、それはそれとして、陸上競技視点から考えるシューズの選び方。

長くなったので記事を分けます。
その1はこちら(初心者のランニングシューズ選びその1
その2は選ぶときの心意気編です。


初心者のスパイク選びはこちら(初心者のスパイク

ランニングシューズ事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー




続きを読む

☆お知らせ☆
ブログをお引っ越しします。こちらのブログの記事は順次引っ越し先に移転していくつもりです。
それまでの間、表示が見にくかったり記事が一時的に消えたりするかもしれませんがご了承ください。
引っ越し先:https://rikujo-ch.com


陸上競技をメインにした当ページですが、今回はビギナーランナーも含めたランニング初心者にオススメなシューズと、初心者のシューズ選びについて紹介します。
『初心者 ランニングシューズ』でググればいろんな人がいろんなこと書いてますので、それはそれとして、陸上競技視点から考えるシューズの選び方。

長くなったので記事を分けます。
まずはその1。ミズノ・アシックスを選べ編です。
その2はこちら(初心者のランニングシューズその2



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

初心者のスパイク選びはこちら(初心者のスパイク

ランニングシューズ事情はこちら
2019年(ミズノアシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


続きを読む




☆お知らせ☆
ブログをお引っ越しします。こちらのブログの記事は順次引っ越し先に移転していくつもりです。
それまでの間、表示が見にくかったり記事が一時的に消えたりするかもしれませんがご了承ください。
引っ越し先:https://rikujo-ch.com
この記事は:https://rikujo-ch.com/2019/03/04/post-952/ に引っ越しました。


なんやかんやで市民ランナーの絶大な支持を集めるアシックス。海外の勢いに押されてはいますがいまだに存在感はあります。
2018年にはターサー35周年で特別色が出ましたが、三村さんという靴職人がいた時代のいわば黄金期であった高橋尚子、野口みずきと、なぜか桐生をフューチャーしたモデル。
ナイキのデザインに比べるとアシックスはあきらかにダサい。それもあってか、下位モデルではナイキっぽいデザインの商品も出て来ました。

それでもやっぱりアシックス。上位モデルは履けば良い。
陸上に使えそうなモデルを中心に紹介します。正直、あんまり変わってない。


ミズノ編はこちら(2019ランシュー事情ミズノ編

過去の事情はこちら
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー


スパイクの事情はこちら
2019年(ミズノ・アシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ランシューは年ごとに発売って感じでもないので、書いてる時点で売ってるシューズを今モデルってことにしてます。

アシックス

ラインナップはごちゃごちゃ。名前もややこしい。商品ごとの違いはいまいちわかりにくいし、市民ランナー向けの商品が多い。そんななかでも良いモデルは良い。
ミズノ編で『エキスパート』、『レーサー』、『ランナー』という3カテゴリー分けをしたのでアシックス編もそれでいきます。
結論から言えば、フリークスジャパンが一番良いと思う。

エキスパート(長距離)

マラソンと言えばアシックス。ソーティシリーズがアシックスのロード上級モデル。練習に使うには薄すぎるけど、スパイク的な使い方をすると裸足で走ってる感じになって接地感覚が磨ける。

ソーティマジックRP4

マー薄い。軽い。クッションなんかない。基本的には練習なんかじゃ使えない。ミズノで言うエキデンくらい。
フラットソールでノークッションなので、冬季のスパイク代わりに使えるシューズ。








続きを読む

☆お知らせ☆
ブログをお引っ越しします。こちらのブログの記事は順次引っ越し先に移転していくつもりです。
それまでの間、表示が見にくかったり記事が一時的に消えたりするかもしれませんがご了承ください。
引っ越し先:https://rikujo-ch.com



ランニングブームもそろそろブームというよりフィットネスとして定着したに感があります。
ブームに乗れなかったミズノと、ブームには乗ったものの海外勢に押し出されたアシックス。ブームを契機に日本市場に定着した海外勢。
箱根駅伝ではヴェイパーフライが繁茂し、上位はほぼ海外ブランド。かつてはシェアを独占し、スポンサーのはずのミズノのシューズなんかほとんどテレビに映らないほどに変遷した昨今のシューズ事情。

そしてそんな動向とはあんまり関係ないトラック競技者向けモデルたち。

2019年のトラック向けのアップシューズを中心にラインナップを整理します。

まずはミズノ編
アシックス編はこちら(2019年アシックス

スパイクの事情はこちら
2019年(ミズノ・アシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ミズノ

公式サイト内でもカテゴリー分けがごちゃごちゃになっているミズノ。『エキスパート』『レーサー』『ランナー』という3つが分かりやすいと思うのでこれでまとめます。わかりにくすぎる分け方だけどレーサーあたりが練習向き。
変わりゆく時代のなかでも昨年から特に変化はなし。

エキスパート(長距離用)

基本的に長距離用なのでザックリ。耐久性が低すぎてアップシューズとしては不向き。バウンディングなんかしたら一発でアウト。
クルーズ、エキデン、エキデンスピリットの3つ。

ウェーブクルーズ13

約160g(26.0cm片方)16,740円
みるからに薄い。履くともっと薄い。『伝統のクルーズ、13代目は反発性が向上。』らしい。レーシングシューズとしては最高。
『ブルー×ホワイト×オレンジ』が2019年の新色でほか2色は2018から継続。
crcr2





続きを読む

☆お知らせ☆
ブログをお引っ越しします。こちらのブログの記事は順次引っ越し先に移転していくつもりです。
それまでの間、表示が見にくかったり記事が一時的に消えたりするかもしれませんがご了承ください。
引っ越し先:https://rikujo-ch.com



秋から2018年モデルが出始めています。
ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。
トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。

モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照...
ミズノは『ミズノ編』をご参照...



アシックス

以前としてミズノよりも人気があるが、海外勢の方に押され失速気味。カラーバリエーションを増やしたりマイナーチェンジをしてごまかしてはいるが、最近はこれといった動きがない。

①ターサージャパン(マイナーチェンジ)
②ターサージール(5→6に)

今回は上記2つのモデルにを紹介。

①ターサージャパン

TJR076_3801_0010265523_FR

¥17,280 (税込)
アシックスのフラッグシップモデルで日本製。
2018年モデルはマイナーチェンジがあり、アッパーの構造が微妙に変更されました。保守的だった色も変な緑に。いったい何を考えているのかわかりませんが、アディダスの色をパクった?
TJR076_3801_0010265523_TP
シューレースを通す穴の位置も微妙に変わった。アッパー変更と穴位置変更がフィット感にどれだけ影響があるかは人によるだろうから、いままでジャパンを履き続けてきた人でも気になる人は試し履きした方がいいかも。
TJR076_3801_0010265523_BT

続きを読む

このページのトップヘ