陸上界きってのイケメン。
2e2d9538-2b8d-49fb-96f1-71f5ffc2694c


ノルウェーのアンドレアス・トルキルドセン選手が5月11日に自身のインスタで引退を発表しました。は五輪でアテネ・北京を連覇、世陸ではパリ(2003年)の11位からはじまり、ヘルシンキ(2005年)2位、大阪(2007年)2位、ベルリン(2009年)優勝、テグ(2011年)2位と、輝かしい成績で槍投げ界をけん引してきた名選手でした。
そのベスト記録はなんと91m59。これは世界歴代7位です。

やっぱり印象的なのは2007年のピトカマキVSトルキルドセン。現日本代表の新井選手が陸上を始めるきかっけになった試合です。
おとなしそうな顔してド派手なフォームのピトカマキと、綺麗なフォームのイケメントルキルドセンの投げ合いは三段跳のエドワーズVSオルソンを彷彿とさせました。
ピトカマキ派かトルキルドセン派かという議論がもうできないのかと思うと寂しいです。

大阪の動画