日本学生個人選手権で桐生祥秀選手が準決勝で10秒01(+1.8)を記録しました。
桐生選手の自己ベストは10秒01でしたので、自己ベストタイ(日本歴代2位タイ)となります。



ちなみに、予選は10秒17(+1.2)、結晶は10秒10(-0.3)でした。
これは..9秒台も時間の問題だと期待せずにはいられない。