これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。

短距離編
①100m(世界記録9秒58、日本記録10秒00)
陸上の花形といえば100mです。現代の100mを象徴するのがボルト・パウエル・ガトリン・ゲイ。2000年代中盤から2016年現在に至るまで、世界のトップは4名が独占し、ほぼ変わっていないという特異な状況になっています。まさに一時代を築いていますが、リオで世代交代がありそうです...
そんなレジェンド4名を押さえておきましょう。

・ウサイン・ボルト(ジャマイカ)
(100m:9秒58、200m:19秒19)1986年生
100,200mと4×100mリレーの世界記録保持者。最初出てきたときはヒョロっとした200m専門の選手だったのにいつのまにか絶対王者になってた。圧倒的過ぎて、『勝つか負けるか』よりも『何秒で走るのか』という視線で見られる。世陸北京大会(2015年)のウイニングラン中にカメラマンの乗るセグウェイに轢かれた。日産GTRに乗っている。身長が196cmもある。リオ五輪で引退するらしい。→リオで五輪は最後。世陸ロンドンで引退?
28cc437f-2b49-46af-955b-4a3f793ca38c


続きを読む