リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。

やはりミズノ・アシックスの2強体勢は変わらず、海外メーカーのスパイクは国内販売がほぼされていないというのが実情。ずっとアディダスを履いてきたサッカー出身者で、陸上にはアディダスがなくてびっくりした人も多いのでは。
オリンピックや世界陸上を見てみると、プーマ、アディダス、ナイキの3強にアシックスがいるくらい。ミズノは跳躍種目でたまに出てくる程度です。
まあ、この狭い日本に2つも大手スパイクメーカーがあるっていうのは素晴らしい事ではあるのですが...
やっぱり海外製のスパイクが気になるところです。

海外スパイクを手に入れるには海外旅行で買ってくるか、ネットで海外から取り寄せるか...
一部地域には『step』という販売店があります。あえてstepさんの説明はしませんが、陸上用品に関してはここが一番なのでスパイク選びに迷ったら店員さんに聞いてみましょう。別注パイクも販売しているのでなんとでもしてくれるはずです。
海外スパイクの話はstepさんで販売されている商品紹介みたくなってしまうんですが...

☆NIKE☆
国産に比べて明らかに硬く、足幅の狭いモデルが多い。クルブシがフィットしない人もいる。ピンは少なく、キラキラなド派手モデルがある。

・ZOOM JA FLY 2
$125
ナイキといえばこれ。ハイパワースパイクの代名詞JAフライ。ニットアッパー。強烈な反発でスパイクが無理やり走らせてくれる感じはまさにアメリカン。履くと土踏まずが痛くなる人も。
NIKE-ZOOM-JA-FLY-2-705373_035_A_PREM
続きを読む