陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

カテゴリ: ニュース

100mの代表選考方法が変更された事に対し、妙な記事がでました。
ザックリ言うと、日本選手権の一発選考からIAAFのランキング方式に代わることがダメだというもの。

まーどっちでもいいんだけど、これが桐生ルールだって言いだしてる人がいるようです。
記者的には、一発選考の舞台として盛り上がっている日本選手権が形骸化、格が下がり、ぬるいものになる。ということらしい。さらにはポイントを稼げるレースに出るだけで代表になれると考えている。

陸上知っている人からしたらそもそも日本選手権なんか全然盛り上がってないし、東京五輪からは参加標準ではなくてランキング制になることは知られている。
記者がなんでこんなに対立軸をつくりたがっているのかはわからないが、陸上に興味なさそう。

『大手企業に所属して海外遠征行き放題な桐生選手が楽にポイント稼いで代表になれるようにしたルール改正だ』ってことで、桐生ルールって言いたいようだけど。それ言い出したらSEIKOの方が金あるだろうし、ケンブリッジ選手なんてナイキに所属している。
たぶん桐生しか名前知らないんだろう。


個人的には、日本選手権自体があんまりおもしろくないと思ってます。








 

ついに日清が実質廃部になります。
19年のニューイヤー駅伝は16位に沈むなど近年は目立った成績が残せていない名門チームでしたが、ついに廃部。
実際には東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権がある佐藤悠基選手と村沢明伸選手の2名以外の退部と内定者2名の取消ですが、まあ廃部です。

19年明け現在で14名の在籍がありましたので彼らは移籍か引退を迫られます。






続きを読む

トーマス・ウォルシュ(ニュージーランド)が22m67の今世紀最高タイ記録を出しました。
2003年にケビン・トス(アメリカ)が同じく22m67を投げているので、歴代6位タイ、歴代パフォーマンス9位タイの記録となります。

5c9f7c57-e281-48aa-8b33-aa59eb22e0ba







続きを読む

完全なオフシーズンの2月。
それでも室内の大会があったりして練習だけしてるわけではないようです。

2/27 J.フェッター(ドイツ)
94m44で2017年ランキング1位、ゼレズニーに次ぐ歴代2位の記録を出したフェッターが2月に早くも90mオーバー。
世界記録を出す日も近い?









続きを読む

このページのトップヘ