世界陸上もオリンピックも開催されない穴のとしだった2018年シーズンも終わりを迎えました。
結果として、屋外の世界記録が2つ(男子マラソンと男子10種)。
室内の世界記録が1つ(男子60m)。

男子の800mまでと跳躍の各種目のランキングです。


100m

1. 9.79(-0.3) Christian COLEMAN(USA)
2. 9.87(-0.1) Ronnie BAKER(USA)
3. 9.88(+1.1) Noah LYLES(USA)
4. 9.89(+1.4) Michael RODGERS(USA)
5. 9.91(+0.4) Zharnel HUGHES(GBR)
5. 9.91(+0.2) Bingtian SU(CHN)
5. 9.91(+0.8) Jimmy VICAUT(FRA)


ボルトの次の第一人者であるコールマンが2017年に続いてランキングトップ。9.79は世界歴代7位タイの記録。コールマンは室内60mでも6.37の世界記録を更新しており、絶好調。
タイムも9.79と、2016年以降最高記録を残している。これは2015年のボルトの記録と同じで、いつのまにか文句なしに一時代を築く選手になっている。2019年の世陸ドーハ、続く東京オリンピックでは優勝最有力候補となるはず。
それ以外では、中国の蘇炳添がまさかの9.91。コールマンが世界記録を出した室内選手権でも6.42の室内アジア記録をマーク。これは世界歴代5位タイ。優勝していても全くおかしくなかった。東京オリンピックまでは現役だろうから、もしかすると優勝もあるかも。
アメリカ勢はロニー・ベイカーが9.87でランキング2位、若手のノア・ライレスが9.88で3位、ベテランのマイク・ロジャースが9.89で4位と、層の厚さが目立つ。
ジャマイカ勢はヨハン・ブレイクが9.94ティクエンド・トランシーが9.96と奮わなかった。

日本ランキングは...
1. 10.00(+0.8) 山縣亮太
2. 10.10(+0.4) 桐生祥秀
3. 10.12(+0.9)  ケンブリッジ飛鳥

山縣選手は、6月に10.05、8月に10.00、9月に10.01と10秒0台を連発。



続きを読む