陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

カテゴリ: スパイク

オリンピックも世界陸上もない2018年。スパイク市場も全体的に動きがない様子。
2018年各社から出ているスパイクをまとめました。

ミズノ

初心者向け

ブレイブウイング3

ミズノのボトムライン。去年から色が変更になっただけ。


シティウスウィング2

これも去年から色が変わっただけ。必要性に疑問。







中級者向け

ジオスプリント4

ショートスプリント向け。アッパー変更でかっこよくなった。

ジオサイレンサー9

100~400m向け。アッパー変更。


続きを読む

毎年冬になると、各メーカーから新作スパイクが発表されます。
2018年は世界陸上もオリンピックも開催されない穴の年ですので各メーカーあまり活発ではありません。


ミズノ

ほとんどが色違いで継続。トラックのジオシリーズはアッパーが変更になった。
ジオサイクロンが廃盤になり新しくジオバーサスが発売。

クロノシリーズ
オニキス(継続)
インクス9(継続)
ディスト7(色違い)

ジオシリーズ(トラック)
スプリント4(アッパー変更)
サイレンサー9(アッパー変更)
ジオストリーク(変更?)
ジオバーサス(NEWモデル)
ジオスプラッシュ(色違い)

初心者向け
シティウスウイング2(色違い)
ブレイブウイング3(色違い)

フィールド
HJとJTが2になった。他は継続。

ジオバーサス

¥ 18,900 (本体¥ 17,500)、約175g(26.0cm片方)
2018年1月発売
ジオサイクロンの廃盤に伴って新しく発売。ピン配置がジオサイレンサー、ジオストリークと同じになった。グリップ重視の配列のため、力が弱くてもスパイク負けすることなく走ることが出来るはず。
メーカー曰く『オールウェザー専用をはじめて手にするキミへ。柔軟性とクッション性に優れたスプリントスパイク。』ということで相変わらず中途半端な位置づけではあるが、初心者が選ぶなら負担が少なくて良いかも。
軽いので冬季練習用にも使えるが、中級以上でこれ1足ではちょっと物足りなさそう。
SH_U1GA181525_LL
続きを読む

17年アシックス
17年ミズノ
17年ナイキ


リオ五輪でもナイキの中にチラホラ見られた。
日本ではほとんど流通していない。国産スパイクとは比較にならないほど硬いので日本に導入してもたぶん失敗する。
パワーに自身がある人の2足目には良い。


・ADIZERO PRIME SPRINT $212 4.5onces
アディゼロSP。最強の硬さとかっこよさを誇るスパイク。ソール高heel: 14.5 mm / forefoot: 9 mm。
BB4117_04_standard
続きを読む

2016年はこちら

17年アシックス
17年ミズノ
17年アディダス

☆ナイキ☆

リオ五輪は黄色とピンクのナイキスパイクがほぼ独占してました。特に中・長距離。
国際舞台ではミズノ・アシックスは遠く及びませんが、国内シェアではナイキはまだまだ。ただ、量販店でもだんだん置き始めています。
ラインナップは豊富で、それぞれのスパイクに特徴があって作り込みがちゃんとされているモデルが多いと思います。特にフィールド。国産は終わってますが、ナイキはけっこう新モデルが出てきます。
全体に固いし足形も国産とは全然違うので手を出すのはある程度色々履いてからにしたほうが良いと思います。かっこよさだけで選べば絶対ナイキ。

初心者用
・ZOOM RIVAL D 9 $65 4.95onces
中距離スパイク。
rrり続きを読む

このページのトップヘ