陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

カテゴリ: 陸上通

現在の走高跳び界では『背面跳び』が主流です。
高校以上の大会ではほぼすべての選手が背面跳びで跳んでいます。
いまのところ、この背面跳びが理論的に最も効率的だとされているからです。
今ではあたりまえになったこの背面跳びは、1968年までは一般には存在しなかったのです。

という雑学のお話。





続きを読む


これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


日本人選手編
陸上界はいつからが現代なのかはなんとも言えませんが、おそらく伊東浩司以降っていう括りでいけると思います。それ以前はまだ9秒台がどうこうというレベルではありませんでした。
あんまり古くてもしょうがないので伊東選手以降の世代を押さえておきましょう。

・伊東浩司(100m:10秒00、200m:20秒16)1970年生
続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


中距離編
①800m(世界記録1分40秒91、日本記録1分15秒75)
トラックを2周する競技。スタンディングでスタートし、最初のコーナーまではセパレートレーン、直線に入ったところでオープンになる。中距離とはいえ非常に高いスピードでポジション争いが起こるため接触や転倒が多い。
続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


跳躍編
④棒高跳
英語ではPole Vaultとなり、『ポール』と呼ばれる。陸上競技の中で唯一、道具の力を使う種目です。ルールは基本的に走高跳とほぼ同じで、3回連続で失敗すると競技終了。そのため、競技時間は陸上の中で最も長い。
昔は竹竿で跳んでおり、ロス五輪(1932年)では西田修平さんが銅メダルを獲るなど、竹産出国である日本の強い競技でした。現代のポールはグラスファイバー製です。ちなみに、跳躍中のポールの持ち替えは禁止です。
続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


跳躍編
③走高跳
誰でも体育で経験がある高跳び。1m50くらい跳べば暮らすクラストップだったと思いますが、世界記録は2m45。想像もつかない高さです。世界記録保持者はキューバのソトマヨル
世界レベルになるとまず身長がすごい。だいたいみんな2mレベルです。競技場でやたら背が高くて細い人がいたらほぼ間違いなく高跳び選手です。

・ハビエル・ソトマヨル(キューバ)(2m45(世界記録))1967年生
1993年に記録した2m45は現在も破られていない世界記録。ドーピングによる出場停止を経験しており、この記録も怪しい。早くこの記録を破って過去のものにして疑義のないクリーンな世界記録が生まれてほしいと考えている陸上ファンも多い。
dc573b1a-0598-47a8-be37-7db7faaf3fda
続きを読む

このページのトップヘ