陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

カテゴリ: 陸上を始めよう

ただ走るだけなら誰でも出来るけど、いざ大会に出るとなると敷居が高い。
足の速い人がたくさんいるなかで緊張してしまうであろう初めて大会出場。
部活に入って初めての大会、春になって陸上デビューして初めての大会で、気を付けるポイントと基本的なルールを解説。
細かいことは大会に申し込もう大会で走ろうでも書いてます。




大会当日の流れ

とりあえずユニフォームとスパイクだけは忘れないようにしましょう。それさえあればあとは↓の流れをトレースすれば大丈夫。

①早めに会場入りしよう

タイムテーブルを確認して、開始時間の2時間前くらいには会場入りしましょう。受付でナンバーカードとプログラムをもらい、スタンドでユニフォームにナンバーをつければとりあえず準備オッケー。
あとはアップしたりして時間を過ごせばいいのですが、プログラムで自分の走る組やレーンを確認しておきましょう。自分が何組何レーンかわからないと招集の時に焦ります。
会場に付いたくらいでおにぎりを食べておくとレースでお腹が空いて力が出ないっていうことは避けられます。

②招集には遅れるな!!

トラック種目の場合は競技開始の20~30分前、フィールド種目は60~70分前くらいに招集があります。順番にナンバーが呼ばれるので、招集開始前には招集場所にいるようにしましょう。
ユニフォームは着なくてもナンバーを付けた状態で見せれば良い場合がほとんどですが、たまにユニフォームを着ないといけないパターンもあります。
大きい大会になると係員は仏のような人ばかりですが、小さい大会で学校の先生系の人が招集係だと何もしてないのに怒鳴られることがありますのでその時は言い返したりせずに無になってやりすごしましょう。そういう意味でも招集開始時間の前にいた方がいいです。
招集の前に、丸付け(一次コール)がある大会もありますので、貰ったプログラムをよく確認しましょう。招集場所がわからなければ係員に聞けば教えてくれます。
腰番は招集でもらえるはずです。

続きを読む

スラダンでバスケ部がモテるようになり、弱虫ペダルでロードバイク人気に火が着いたように、漫画というものはマイナースポーツの立ち位置を一気にメジャーにしてくれるもの。協会がいくら努力しても成し得ないレベルの革新を漫画はやってくれるでしょう。
野球・サッカー漫画は無数にあれど、いまのところ陸上漫画で有名なものはありません。ある日突然陸上漫画ブームが来るのに備えて、マニアックな陸上漫画を押さえておきましょう。


①スプリンター(1984~87年 作者:小山ゆう)
陸上選手なら読んでおくとある意味で次のステップへ行ける狂気に満ちた漫画。天才が天才過ぎて意味分からない感じになりすぎて、逆に違和感なく読めます。スポ根が努力でなんとかするところをこの主人公は狂気でなんとかします。
何といってもレース中に覚醒してガラスにどーん!のシーンは必見。
作者は『あずみ』の人で、ああいう現実と非現実をごちゃごちゃにするのが得意な人なんでしょう。昭和感丸出し。
091212710000d0000000続きを読む


陸上に限らず、素人と経験者では動きが全然違うもの。
サッカーや野球と違って教則本がほとんどない陸上では、どこをどうすればそれっぽくなるのかは初心者にはなかなかわかりにくいはず。最低限これは抑えておこうという短距離の基本を細かいところは省きながらザックリ紹介。

とはいえ、走り方は十人十色。レベルが上がればまた変わって来るのでかならずしもこうではないので参考程度に。



続きを読む

最近は趣味としてスポーツをすることが一般化しています。
特に10年前くらいから始まったランニングブームは皇居周辺の街づくりを変えるほどの影響力があります。
テニス・ゴルフ・登山などの昔ながらのスポーツだけでなく、フットサルやボルダリングやロードバイクなどの、昔はあまり知られていなかったスポーツも今ではメジャー化しました。

とはいえ、大人になってからスポーツを始めるのはなかなか難しいところ。手っ取り早くテニススクールに入るのもいいですが、あえて陸上競技を趣味のスポーツとしておすすめします。


☆陸上が趣味に向いているところ☆

1.お金がかからない

続きを読む


誰もがやったことのある走幅跳。簡単そうに見えて実は難しい。

これだけおさえてけば13秒台だとしてもも6mくらいは跳べるはず。


①助走
幅跳びは速さを競うのではなく跳んだ距離を競います。そのため助走の中間がどんなに速くても踏切の瞬間のスピードが遅ければあんまり意味ありません。トップ選手でも100mの95%くらいのスピードで助走すると言われていますので、部活レベルであればもっと遅くなるはずです。
この落ち幅をどれだけ少なくできるかどうかが幅跳びの助走の基本です。では、何を気にすればいいのか。


続きを読む

このページのトップヘ