☆お知らせ☆
ブログをお引っ越しします。こちらのブログの記事は順次引っ越し先に移転していくつもりです。
それまでの間、表示が見にくかったり記事が一時的に消えたりするかもしれませんがご了承ください。
引っ越し先:https://rikujo-ch.com


陸上のスパイクは年末に新作が発表され、冬にかけて生産されます。そのため、夏には生産がストップしているわけです。ということは、新作発表の頃まで店頭で売れ残っているものはセールが見込めます。

そんなセール時期におすすめのアシックス・ミズノ・ナイキ・アディダスのスパイクを紹介。

☆初心者モデル☆
初心者がスパイクに慣れる為にあるモデル群。分かりにくいですがメーカー的にはランク分けしています。
ミズノは2モデルで、『ブレイブウィング』>『シティウスウィング』
アシックスは3モデルで、『ヒートラッシュ』>『ヒートスプリント』>『エフォート』
という強弱関係があります。
どれも一緒に見えますが、オススメは...

ヒートラッシュ(アシックス)


TTP796_4801_0010198736_FR
TTP796_0010198736_0943_BT
他のモデルはすべて紐タイプですが、これだけベルトタイプです。ベルトのメリットについてはとにかく脱ぎやすい・履きやすいこと。初心者のうちは面倒くさくてかかとを踏んだりしがちなので、ベルトである意味は大きいです。また、初心者モデルでは珍しく、プレートがただの板ではないため、接地感覚が他のモデルよりも多少は良いです。
さらに、初心者モデルとしては抜群にルックスが良く、上位モデルの『サイバーブレード』とそっくりです。ピン配置やプレートの雰囲気も似ているため、上達してステップアップしても違和感なく履きかえることが出来ます。
初心者モデルの中では上位モデルという微妙な立ち位置ではありますが、上級モデルと比べればクッション性は全然ありますし、プレートもグニャグニャですので、怪我のリスクはそれほど考えずに履けるはずです。
マイナス点としては、他のモデルよりも足入れがちょっとだけきつい。モデルチェンジしてもあまり変わらないのでセールになりにくいですが、3000円とかで売ってたら即買い。






☆ショートスプリントモデル☆
何も考えなくても勝手にグングン走らせてくれるミズノ、うまい事乗せると速くなる感覚のアシックス。そこに、プレートの硬さで超高反発を生み出すナイキとアシックス勢。
もはやこのレベルの人は自分で選ぶと思いますが、オススメは...

ズームセラー(ナイキ)
IMG_3524IMG_3525
プレートはJAフライに比べると軟らかい(?)ですが、ミズノ・アシックスに比べればとてつもなく固い。ソールは比較的フラットなため案外疲れにくい。また、ピンがひっかからないので抜け良くて、スプリント系にオールラウンドに使える。逆に、100mだけであればちょっと物足りないかもしれないので、『JAフライ』か『クロノブレイク』くらいのほうがいいかも。
足幅は土踏まずが極端に狭いので、アシックスに慣れてると違和感があるかも。あと、ヒールカップのフィットが強いのでアキレス健に負担が掛かる。
定価ですら1万円なので、売れ残っていれば5,000円も狙える。






☆ロングスプリントモデル☆
疲れにくさとスピードの両立が求められる難しいモデル。世界ではナイキとアディダスがほとんどですが、国内ではなんとも言えないモデルが主流です。というのも、インクスではきつすぎて、サイレンサーでは緩すぎる。ということで、トップ選手の多くはインクスアッパーに旧サイレンサーのプレートを組み合わせた別注スパイクをはいてます。ただ、そんなのつくるとお金かかるし、ステップオリジナルモデルでもそこそこ高い。カタログモデルでのオススメは...

サイバーブレード(アシックス)
TTP507_0010237634_0093_FRTTP507_0690_0010237634_BT
安心のアシックス。これを履いておけば間違いない。高いクッション性とそこそこの反発にやわらかめの足入れ。練習でも試合でもストレスなく履けます。練習用の2足目スパイクとしてもおすすめ。インクスに比べて分厚いのでちょっと重いですが、軟らかいスパイクが好きなら良いと思う。パワーをかけて走りたい人にはインクスの方がおすすめ。
インクスはほとんどセールになりませんが、ブレードはサイズによっては8,000円位で売っていることも。






☆幅跳びモデル☆
こちらも参照(2016年幅跳びスパイク)。
ミズノとアシックスしかなかったのが、この2年位でナイキとアディダスも買えるようになってきました。
短距離用と比べると、各メーカーによる違いがけっこう大きいです(別紀事参照)。おおまかに言えば、ピンで力を受け止める国産と、プレートの反発で浮かせる海外産といった感じ。
セールの時期にオススメなのが...

アディゼロLJ(アディダス)
adidas-adizero-long-jump-af5648
他の3モデルと違ってかかとのクッションが分厚いので、かかとの怪我を防げます。フィット感はイマイチですが、平たいソールによる安定感は他のモデルとはケタ違いで、ブレが出にくい。短距離と違ってスパイクで冒険することの少ないフィールド競技ですが、このモデルを履けば跳躍の幅が広がるかも。
見た目的にはあんまり跳べなさそうだからか、売れ残ってることが多い。5,000円で買えるかも。