第100回日本選手権が6/24~26に愛知県パロマ瑞穂スタジアムで開催されました。

1,2日目は雨でしたが、3日目は晴れ、追い風も吹いていたため好記録が出ました。
特に200mでは男女ともに記録が良く、女子は福島千里選手が22秒88(+1.8)の日本新で優勝。男子は飯塚翔太選手が20秒11(+1.8)の日本歴代2位で優勝。

また、ハンマー投げの室伏浩司選手が第一線から退く事を発表しました。

結果一覧:PDF 


日本選手権はリオ五輪代表選考会でもあり、リオ代表に内定した選手は以下です。

男子
100m:
ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀
200m:飯塚翔太
110mH:矢澤航
400m:ウォリュ・ジュリアン
400mH:野澤啓祐
5000m:大迫傑
10000m:大迫傑、村山紘太
棒高跳:山本聖途、荻田大樹
走高跳:衛藤昴
やり投:新井涼平

女子
100m:
福島千里
200m:福島千里
400mH:久保倉里美
5000m:尾西美咲
10000m:鈴木亜由子
3000m障害:高見澤安珠
走幅跳:甲斐好美
やり投:海老原有希


ちなみに、代表の内定条件は
『世陸北京8位以内で日本人トップ』
『派遣設定+日本選手権8位以内』
『参加標準+日本選手権優勝』
です。選考についてはこれを参考(PDF)。





6月27日、リオ五輪代表選手が発表となりました。
こちらで(リオ五輪代表決定)。