陸上で必要になる唯一の道具であるスパイクですが、最初は何を買ったらいいのかわからないもの。
まだ専門種目が決まっていなかったり子供に初めてスパイクを買ってやろうという親が選ぶべきスパイクは?
基本的なところを解説。

2016年はこちら(ミズノアシックスナイキアディダスその他
2017年はこちら(ミズノアシックスナイキアディダス
2018年新作はこちら(ミズノアシックス

初心者のスパイク選び2もあります



☆陸上スパイクの基本

・スパイクにはピン(針状)がついている。

つま先にピンが着いていて、走るとコレが地面に刺さってグリップします。基本的には取替え式で、土用とオールウェザー用がある。

・ちょっと小さめを選べ!!

非常に大事なことだけどあんまり教えてくれる人がいないポイント。スポーツ用品店なんかだと『余裕があるほうがいいですよ』って言われることもあります。ほとんどの競技のシューズは若干余裕があるくらいがいいのですが、陸上のスパイクに関してはピッタリかちょっときついくらいがベストサイズです。
というのも、ダッシュする時に瞬間に最高のパワーが出せるサイズを選ぶ必要があります。つまり、出来る限りブレがないサイズ。陸上のスパイクは針で地面に接着するため、ブレはほぼすべてシューズの中だけで発生します。もし大きめサイズを選んでしまうと、毎歩、接地するたびにシューズの中で足がズレるため、速く走ることはできません。足の裏の皮もむけます。また、試着の時は足がむくんでいるので、若干きつめだったとしても実際のレースのときにはぴったりになります。
初心者向けのスパイクはあらかじめゆったり目に作ってあるため、上級者向けと同じサイズでもサイズ感は異なります。必ず試着して、ぴったりサイズのものを選ぶようにしましょう。ただ、極端に小さいサイズを履くと足が痛くなるので限度はあります。

・こまめに脱げ!!

スパイクは速く走るための装置です。走る時以外は履く必要ありません。特に、アスファルトを歩くとすぐに削れるので、横着せずに脱ぎましょう。ずっと履いていると足が痛くなることもあります。
セットが始まる前に履く、ゴールしたら脱ぐ、次のセットが始まる前に履く。くらいで良いと思います。

・かかとは絶対に踏むな!!

中学生はよくかかとを潰してます。靴紐をほどいて脱いだり履いたりしましょう。

・スパイクの底にはプレートという板が埋め込まれている。

走るとこの板がバネの役割をして、ビョーンと反発してくれて速く走れます。たいていはプラスチックで、たまにカーボン製の物もある。

・初心者向け・中級者向け・上級者向けに分かれている。

反発の大きさで分けられています。上級者向けは壊れやすいから練習でヘビーに使うのには向かない。

・専門種目によってスパイクが違う。

専門種目と違うスパイクを買うと後悔しますが、どの種目でも短距離用は1足持っておいて損なし。

・ミズノ・アシックスから選ぶ

とりあえずこの中から選んでおけば間違いなし。初心者はどっちかにしておいて外国製のスパイクは2足目以降に考えましょう。その方が選びやすいです。
ミズノが幅狭、アシックスが幅広な傾向があります。

・日本人と外国人は履きこなせるスパイクが違う?

外国人は強いので足幅やら筋力が日本人と違うらしいです。農民の日本人は柔らかいスパイクを履いておけということでミズノ・アシックスを選びましょう。信じるか信じないかはあなた次第。

・上級者向けは筋力がないと怪我する?

怪我するかはわかりませんが上級者向けのスパイクは軽量・高反発に特化しているので負荷は高いです。

・土用とオールウェザー(ゴムトラック)用がある。

初心者用は土用、中・上級者用はオールウェザー用になっています。現代では学校以外で土のトラックはほとんど存在しませんので、試合が土ということは一部の田舎を除いてほぼないでしょう。そのため、土で使うのは中学校の校庭で練習する人くらいです。

・土トラックの練習でスパイクなんかいらない?

土とオールウェザーではまったく感触が違います。土でスパイクを履いて練習してもあんまり意味ありません。練習が土トラックなのであればランシューで十分です。練習用と試合用で2足買うのでなければ、試合で使えるようにオールウェザー用を買いましょう。
中学校で練習に使い、大会でもそれを使いたいのであればアシックスとミズノがラインナップしている初心者向けスパイクを選びましょう。オールウェザー用を土で使うと痛みます。

・2年くらいでダメになる。

スパイクはプレートがヘタってくると買い替えです。たいていは3年くらい使うとフニャフニャで終わってます。

・ピンは付け替えできる

上級者向けでは固定ピンのものもありますが、基本的には付け替えタイプです。スパイクを買うと最初から1セット付いてます。消耗品なので年に1回くらいは替えた方が良いでしょう。



☆スパイクの種類

サッカーの場合はポジションが違ってもスパイクは変わりませんが、陸上の場合は種目によってスパイクの形や特性が大きく違います。大まかに知っておきましょう。

①スパイクの種類

オールラウンド用(初心者用)

運動靴に針が付いたようなスパイク。プレートが短く反発が無いため怪我しにくいとされているが、反発がないということは速く走るには不向き。安いので学校の貸出しスパイクはだいたいがこのタイプのため、中学生が履いている事が多い。オールランドとは言うものの、どの種目でも使えないとも言える。陸上を辞める可能性があるなら安いからこれでいいかも。本気でやるなら不十分。
アシックスはエフォート、ミズノはブレイブウィングをラインナップしている。



短距離用(ショートスプリント用)

プレートが硬く、軽量化されているため非常に速く走れるが、クッションがほとんどないため足への負荷が高く疲れやすい。スパイク自体の耐久性も低い。最初の1足には向かないかも。



・短中距離用(ロングスプリント用)

そこそこ硬いプレートによってそこそこ速く長い距離を走れる。クッションも入っているため疲れにくい。汎用性が高いので最初に買うならこのタイプが良いかも。迷ったらこれを選んでおけばはずれはない。
ミズノのジオシリーズとアシックスのサイバーブレードが人気。




中・長距離用

プレートはやわらかい(というかほぼ無い)ので反発は少ないが、疲れにくいので長い距離を走れる。軽さを重視しているので耐久性は低い。短距離をやるなら買っちゃダメ。


跳躍用

幅跳用、高跳用、三段跳用がある。プレートはめちゃくちゃ硬い。高く跳ぶ為に作ってあるので100mとかで使うとピョンピョン浮く。これ1足で短距離もカバーするのはちょっときつい。見た目は初心者用と似てるけど履くと全く別物で、不思議なことにめちゃくちゃ跳びやすい。世界レベルのトップ選手もほぼ同じモデルを履いてる。



投てき用

スパイクではなくシューズ。ピンが付いてないので走るのは無理。槍投げ用と円盤・砲丸・ハンマー用がある。





②ピンの種類

ピンにも色々な種類があるので何を買ったらいいのかわからないと思います。とりあえずは買ったときについているピンと同じのを使えばいいんですが、長さと形状の規定を知っておきましょう。
取替えに使うピン回しはスパイクに付属していますし、バラでも売ってます。
ルール的には9mm以下(走高跳・やり投は11mm以下)であればおっけーです。針状のピンは競技場や大会の規定で禁止されていなければ使用できます(ほとんど売ってませんが)。

・平行ピン
先っぽが平たくなっているピン。2段になっている二段平行と、3段・4段になっているものや丸みのあるものもある。
・針ピン(土ピン)
針状に尖がっているピン。刺さると痛い。土ピンの場合はアタッチメントというねじ山保護のパーツをつけて使うため、通常の平行ピンとねじ山の長さが違う。

アシックスはこう言っててます。
無題

ピンで注意するのは、土用のピンと平行ピンではねじ山の長さが違う事です。間違って土用ピンをアタッチメントなしで使ってしまうとスパイクが壊れます。逆もしかり。
オールウェザー用は土用ピンが付けられない設計のため、そもそもアタッチメントがつけれません。ねじ山の短い針ピンは日本では売ってないので、実質的には平行ピン以外の選択肢はありません。
土のトラックで平行ピンを使うこと自体はピンの寿命が短くなるだけで別に大丈夫です(アタッチメントなんかつけなくても壊れません)が、ピンが削れて外せなくなる可能性はあります。
わからなかったらとりあえず9mmか7mmの平たい銀色のやつ買っておけば大丈夫。ミスっても700円だから買いなおせばいいのでとりあえず適当に買ってみよう。




☆間違いだらけのスパイク選び

こんな風に選ぶと後悔する事例集

・初心者だから初心者用

初心者用はランシューと変わりません。むしろランシューより重いので遅くなる可能性すらある。スパイクによる恩恵を受けたいならそれなりのやつを買わないと後悔します。というかあんまり意味ないです。練習用と割り切るなら良い。

・中級者だから中級者向け

そんなんだからいつまでたっても中級者。ある程度慣れたら良いやつ買いましょう。

・まだ種目が決まってないからオールラウンド

色々試して全部しょぼい記録で終わる事になります。短距離用を買ってそれで他の種目にも出ましょう。どの種目になったとしても短距離用は練習でも使いますので絶対に必要です。

・練習が校庭だから土用スパイク

練習で速く走れても無駄です。大会はオールウェザーですから。買うとしたら練習用と試合用の2足が必要になります。もし1足しか買わないのであれば試合で使えるスパイクを買いましょう。

・筋力がないから初心者向け

筋トレしないからいつまでも初心者なんです。

・怪我しないように上級者向けは履かない

怪我をスパイクのせいにしないでください。ちゃんとケアしてれば上級者向け履いたって怪我なんかしませんし、ケアできないなら中級者向けでも怪我します。


☆結局何を買えばいいのか

好きなの買えばいいんですが、ケーススタディ。

・初めてスパイクを買う子供

小・中学生で初めてスパイクを履くという人。陸上を続けるかどうかもわからない。
店員や先生や先輩は『専門種目も決まっていないから初心者用』と言うでしょう。そりゃあそうです。あなたは初心者ですから。おとなしく初心者用を買っておきましょう。ただし、これはスパイクとしては最低レベルのものです。
そんなに高い物ではないので、とりあえずはこれを買ってみて、子供が真剣に陸上をやっているようであれば次の年にはもっと上のモデルを買ってあげましょう。
オススメ:(アシックス)エフォート、(ミズノ)ブレイブウィングシティウス ウィング





・中学の部活は陸上部に決めたという子供

何か事情がない限りは3年間は陸上部という人。上と同じく初心者用でもいいでしょう。でも、それでいいのか?もしかしたら3年間それ使うのかもしれませんよ。
今は初心者でも3年生になったら中級者です。初心者用なんか履いてたらいつまでたっても初心者です。それなりにいいヤツかっておきましょう。このレベルのスパイクはヘタってきても練習用に使えます。
オススメ:(アシックス)SPブレード、(ミズノ)ジオスプリントジオ サイレンサー




・生まれつき足が速くて陸上部に入る人

生まれつき中級者です。ちょっと練習したら上級者になるのでいいやつ買っておきましょう。
オススメ:(アシックス)レイスプリント、(ミズノ)ジオスプリント





・高校の県大会に出るために頑張っている人

もはや初心者じゃないので、いいやつ買って頑張りましょう。
オススメ:
(アシックス)レイスプリントサイバージャパン
(ミズノ)ジオスプリントクロノインクス



・遅いのに高いスパイク履くのが恥ずかしいという人

誰もあなたのスパイクなんか見てないのでいいヤツ買いましょう。
オススメ:
(アシックス)レイスプリントサイバージャパン
(ミズノ)ジオスプリントクロノインクス


・上級者じゃないからと言って中級者用履いてる人

そんなんじゃいつまでたっても中級者。ビビらないでいいやつ買いましょう。
オススメ:
(アシックス)ソニックスプリントエリートサイバージャパン
(ミズノ)クロノブレイククロノインクス


・幅跳びを始めたい人

オールラウンド用でまかなえると思ったら大間違いです。早く跳躍用を買いましょう。50cm違います。
オススメ:
(アシックス)LJプロ
(ミズノ)フィールドジオ LJ




・大人になってから陸上デビューする人


大人は子供と違って時間がありませんので初心者から中級者を経て上級者になるころには死んでます。そのぶんお金がありますから練習用と試合用に柔らかめのやつと固いやつの2足買いましょう。
1足だけならサイバーブレードかジオスプリントがいいでしょう。練習量がすくないので、多少負荷の高いモデルでも大丈夫です。
オススメ:(アシックス)サイバーブレードサイバージャパン、(ミズノ)ジオスプリントジオ サイレンサークロノインクス



・とにかく良いやつが欲しい人

クロノオニキスっていうすごいのがあります。






結局は好きなやつ選べばいいと思います。
なんにもわからないならとりあえず初心者用を買ってください。店員に聞いたら絶対に初心者用勧められます。でも、初心者用だけでは絶対に足りません。半年くらいして慣れてきたら2足目を買いましょう。
そもそもスパイクはヘタってきますので消耗品だと思って後で買い足すつもりで選びましょう。

『体が出来てないのに高反発モデルは怪我する』とは言われますし、実際その通りですが、高反発モデルの方が速く走れるというのも事実です。速く走ればどんなスパイクでも怪我のリスクはあります。
それよりも校庭でスパイク履くほうがよっぽど怪我のリスクは高いと思います。
さすがに最初の1足目に上級モデルはやりすぎですが、試合用と割り切って使えば大丈夫。
高校生であればインクスくらい履けるように頑張りましょう。

上級者でもあえて練習用にオールラウンドを買う人もいます。


続き:初心者のスパイク2