世界陸上もオリンピックも開催されない穴のとしだった2018年シーズンも終わりを迎えました。
結果として、屋外の世界記録が2つ(男子マラソンと男子10種)。
室内の世界記録が1つ(男子60m)。

男子の800mまでと跳躍の各種目のランキングです。


100m

1. 9.79(-0.3) Christian COLEMAN(USA)
2. 9.87(-0.1) Ronnie BAKER(USA)
3. 9.88(+1.1) Noah LYLES(USA)
4. 9.89(+1.4) Michael RODGERS(USA)
5. 9.91(+0.4) Zharnel HUGHES(GBR)
5. 9.91(+0.2) Bingtian SU(CHN)
5. 9.91(+0.8) Jimmy VICAUT(FRA)


ボルトの次の第一人者であるコールマンが2017年に続いてランキングトップ。9.79は世界歴代7位タイの記録。コールマンは室内60mでも6.37の世界記録を更新しており、絶好調。
タイムも9.79と、2016年以降最高記録を残している。これは2015年のボルトの記録と同じで、いつのまにか文句なしに一時代を築く選手になっている。2019年の世陸ドーハ、続く東京オリンピックでは優勝最有力候補となるはず。
それ以外では、中国の蘇炳添がまさかの9.91。コールマンが世界記録を出した室内選手権でも6.42の室内アジア記録をマーク。これは世界歴代5位タイ。優勝していても全くおかしくなかった。東京オリンピックまでは現役だろうから、もしかすると優勝もあるかも。
アメリカ勢はロニー・ベイカーが9.87でランキング2位、若手のノア・ライレスが9.88で3位、ベテランのマイク・ロジャースが9.89で4位と、層の厚さが目立つ。
ジャマイカ勢はヨハン・ブレイクが9.94ティクエンド・トランシーが9.96と奮わなかった。

日本ランキングは...
1. 10.00(+0.8) 山縣亮太
2. 10.10(+0.4) 桐生祥秀
3. 10.12(+0.9)  ケンブリッジ飛鳥

山縣選手は、6月に10.05、8月に10.00、9月に10.01と10秒0台を連発。



200m

1. 19.65(+0.9) Noah LYLES(USA)
2. 19.69(-0.5) Clarence MUNYAI(RSA)
3. 19.75(+0.3) Steven GARDINER(BAH)
4. 19.76(+0.7) Ramil GULIYEV(TUR)
5. 19.81(+0.1) Akeem BLOOMFIELD(JAM)


絶対王者不在の200mは1997年生まれのノア・ライレス(アメリカ)がウォーレススピアーモン(アメリカ)の記録に並んぶ19.65の世界歴代7位タイの記録でランキングトップ。
さらに、1998年生まれのクラレンス・ムニャイ(南アフリカ)が19.69の世界歴代11位の記録をマーク。

日本ランキングは...
1. 20.23(+0.7) 小池祐貴
2. 20.34(+0.8) 飯塚翔太
3. 20.46(+0.8) 山下潤


慶應大学→ANAに就職した小池祐貴がジャカルタアジア大会で日本歴代7位の記録をマーク。桐生と同じ年であるためあまり注目を浴びていなかったが、高校時代に100mを10.38で走っている。
3位の山下選手は、三段跳日本記録保持者の山下訓史さんのお子さん。お兄さんは三段跳の山下航平選手。

400m

1. 43.61 Michael NORMAN(USA)
2. 43.87 Steven GARDINER(BAH)
3. 43.94 Akeem BLOOMFIELD(JAM)
4. 44.07 Abdalelah HAROUN(QAT)
5. 44.13 Nathon ALLEN(JAM)


上位5位ではガードナーだけは1995年、それ以外は1997年生まれと若い。ミハエル・ノーマンが43.61の世界歴代6位の記録でランキングトップ。
ちなみに、三段跳が専門のクリスチャン・テイラー(アメリカ)は45.07でランキング38位。

日本ランキングは...
1. 45.63 ウォルシュジュリアン
2. 45.79 伊藤利来也
3. 45.81 若林康太


ウォルシュ選手の世界89位が最高。

800m

1. 1:42.05 Emmanuel Kipkurui KORIR(KEN)
2. 1:42.14 Nijel AMOS(BOT)
3. 1:43.12 Clayton MURPHY(USA)
3. 1:43.12 Wyclife KINYAMAL(KEN)
5. 1:43.20 Brandon MCBRIDE(CAN)


E.K.コリルが世界歴代6位の記録でランキングトップ。2012年のロンドン五輪でジュニア世界記録である1:41.73を出し、ボツワナ初のオリンピックメダリスト(銀)になったアモスはランキング2位。

日本ランキングは...
1. 1:47.01 村島匠
2. 1:47.16 川元奨
3. 1:47.80 梅谷健太


村島選手が日本歴代7位の記録をマークしてランキングトップ。


走幅跳

1. 8m68(+1.7) Juan Miguel ECHEVARRÍA(CUB)
2. 8m58(0.0) Luvo MANYONGA(RSA)
3. 8m47(+0.7) Jianan WANG(CHN)
4. 8m44(+0.5) Jeff HENDERSON(USA)
5. 8m43(+0.7) Yuhao SHI(CHN)


エチェバリア(キューバ)は6月のダイヤモンドリーグストックホルム大会で、+2.1mの参考記録で8m81の大跳躍をした。もし、風が.0であったら世界歴代5位に相当する記録。
3、5位には中国の若手2人が入っており、東京オリンピックでも優勝候補になりそう。

日本ランキングは...
1. 8m09(+1.2) 橋岡優輝
2. 8m01(0.0) 津波響樹
3.  7m98(+0.4) 城山正太郎


アジア大会では橋岡選手が8m05で4位、城山選手が7m98で5位でした。そのときの優勝が世界ランキング3位の王嘉男、潤優勝の張耀広選手は8m29で11位。中国の壁は厚い。
日本記録(8m25)を更新出来れば世界大会での上位入賞もあり得る。

走高跳

1. 2.40 Mutaz Essa BARSHIM(QAT)
1. 2.40 Danil LYSENKO(ANA)
3. 2.36 Dzmitry NABOKAU(BLR)
3. 2.36 Brandon STARC(AUS)
5. 2.35 Bryan MCBRIDE(USA)
5. 2.35 Mateusz PRZYBYLKO(GER)


王者バーシム(カタール)とリセンコ(ロシア)が同記録。
バーシムは2m40を2回(リセンコは2m40を1回)、2m38を1回、2m36を2回跳んでいて、地力はまだ上だろうけど、世界陸上とオリンピックではどうなるかわからない。
引き続き2m43の世界記録の更新に期待。

三段跳

1. 17.95(+0.6) edro Pablo PICHARDO(POR)
2. 17.81(+0.6) Christian TAYLOR(USA)
3. 17.53(+0.3) Almir DOS SANTOS(BRA)
4. 17.44(+1.1) Will CLAYE(USA)
5. 17.41(+1.0) Jordan Alejandro DÍAZ FORTUN(CUB)


今季のパフォーマンスランキングではテイラー(アメリカ)が2~5,8位の記録、ピカルド(ポルトガル)が1,6~7,10位の記録をマークしている。実質的にこの2強の時代。どちらかが世界記録を出してくれることを期待。
次の世代はキューバ勢に力があり、5位(17m41)のディアスが2001年生まれ、9位(17m34)のナポレスが1998年生まれ、10位(17m28)のマルティネスが1997年生まれ。

日本ランキングは...
1. 16.59(+1.0) 山下航平
2. 16.59(+0.7) 山本凌雅
3. 16.53(+1.6) 中山 昂平

1位の山下選手は日本記録保持者の山下訓史さんの息子さん。