ただ走るだけなのに経験者とそうでない人の間に大きな差があるのが陸上競技。
速く走るにはいくつかの基本(コツ)があります。
陸上やってる人には当たり前のことだけど、これから始める人はこれだけ知ってればなんとかなります。速く走るコツみたいなものだと思ってください。13秒台で悩んでいる人はこれで12秒台になるかもしれません。11秒で走れる人にはたぶんなんの役にも立たないでしょう。



・足が流れないように走る

陸上用語で『足が流れる』というのがあります。抽象的で何言ってるのかわかりません。
人が走ると足は前後に動きます。その際、体よりも後ろ側で足が回っているように見える状態を『足が流れている』と表現します。これです。
無題
実に分かりにくい。
1と5に注目してください。接地足が体の真下を通る瞬間に振り足(後ろ足)が体のラインより後ろに残っています。このタイミングだと反発が上手く使えず、足で地面をひっかく必要があるため接地時間が長くなります。そうすると足が後ろに流れます。

上の絵の足だけ書き換えて流れていない状態にしてみましょう...
これが流れていない状態です。
無題2
1と5に注目すると、接地足が体の真下を通過する瞬間に振足が体のラインより前にあります。イメージしにくいと思いますが、1のふたりを比べてみてください。流れている方はフラフラしていて流れていない方はしっかり踏んでいる印象があると思います。

実際の1と5の瞬間を見てましょう。
1440541771_618435_1440542091_noticia_normal
ジャマイカ(右)とフランス(左)の選手が、ちょうど接地足が体の真下を通過した瞬間です。
振り足の膝が接地足の膝を追い越した位置にあるのがわかります。これが理想。
ガトリンは3です。

振り足の戻しが遅れる
→地面からの反発がもらえない
→強く地面を蹴らないといけない
→接地が長くなる
→足が後ろに残る
→戻すのに時間がかかる
→戻しが遅れる

という負のスパイラルになります。足が流れると接地のタイミングがずれて上手く反発をもらえなくなり、スピードが出ません。

じゃあどうすればいいのか、対処法は2つ。
1.接地の瞬間の両膝の位置を意識する。
2.接地時間を短くすることを意識する(弾むように走る)。

この2つです。1は言わずもがな。
2は、接地が短くなると自然と振り足を戻すタイミングが早くなります。接地を短くと言われても...と言う人は、つま先を上げっぱなしで走ってみてください。バウンドして走れる感覚がわかると思います。
あとははさみ込み動作を素早くやるのもいいかも。
これさえわかっていれば運動会くらいなら勝てるはず。

理論上の基本なので絶対ではないですが、競技力が上がってくると自然と出来ている場合が多いです。そして足が流れててもなぜか速い人がいるのも事実。


・スムーズに走る
スムーズというのもまた抽象的ですが、ブレーキ動作を極力少なくすると速く走れるということです。
足を流さない動きもそうですが、もっと基本的なところを考えてみましょう。
ブレーキ動作もドライブ(アクセル)動作もどちらも足が接地しているときにしか起こりません。ですので、浮いているときに何をするかはわりとどうでもよくて、接地した瞬間から離地の瞬間までの話です。
基本は2つ。
・つんのめって接地しない。
・かかとで接地しない。

それだけです。
つんのめって接地ってのはどういうことかというと、まだ足が前に行こうとしているときに接地をすることです。そんなやついないだろと思うかもしれませんが、土の上で走ると接地の瞬間に足が前にズっと滑る人が結構います。これです。土なら滑るだけですが、スパイクだと滑らずにブレーキになります。

絵にすると...
無題3

わかりにくい。足の絵です。黒い矢印が入力、赤い矢印が反発です。2でみると、真下に力を加えれば、真上に反発が返ってくるということ。
つまり、1のようにつんのめった状態で接地すると前向きに力が加わり、後ろ向きの力として返ってきてしまうのでブレーキになるということです。3が理想。
それがわかればかかと接地がダメなのもわかると思います。かかと接地を絵にすると..
無題4
1,2,3とも、足の角度は全く同じにしてあり、かかと、フラット、拇指球接地です。それぞれ脛の真下方向に力を加えた場合の反発の受け方がわかるはずです。
1のかかと接地では反発が地面に対して後ろ方向のブレーキになっています。2では地面に垂直。3ではドライブ。
つまり、膝・足首の角度が一定であれば、かかと接地ではブレーキになることがわかります。
だからかかとで接地したらダメ。




足を流さずスムーズに走るだけで運動会くらいなら勝てるはず。
どちらも理論上の話なので、こんなの考えずに速い人もいますし色々知ってても遅い人もいます。結局は才能がある人が生まれてから死ぬまでずっと速いですが、ちょっとだけの差ならなんとかなるかもしれません。
専門家が色々データ取ってるので諸説ありますので、どの論がベストなのか探るのもまた陸上の楽しみです。

ちなみに、これはあくまで陸上についてだけ言えることだと思われます。サッカーや野球の場合は陸上と違って地面がやわらかくて反発なんてほとんどないため、ひっかいて(足を流して)走る方が速いようです。イチローも長友もめちゃくちゃ流れてますが速いです。