これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


中距離編
①800m(世界記録1分40秒91、日本記録1分15秒75)
トラックを2周する競技。スタンディングでスタートし、最初のコーナーまではセパレートレーン、直線に入ったところでオープンになる。中距離とはいえ非常に高いスピードでポジション争いが起こるため接触や転倒が多い。

ふつうの人には何秒で走れば速いのか見当もつかないと思うが、部活レベル(男子)であれば2分ギリが大台とされており、1分台で走ればそれなりの実力者といえる。競技レベルではほぼ全力疾走のため、陸上の中で最も過酷な種目とされている。
世界大会の決勝では勝負のレースが行われるためスローペースで展開され、ラスト200mの勝負になることが多い。
アムステルダム五輪(1929年)で人見絹枝さんが銀メダルを獲得しているものの、現代では男子の日本記録1分45秒75に対し世界記録は1分40秒91と、世界と日本のレベル差は大きい。
なぜ800mなんていう半端な距離かというとハーフマイルだから。また、イギリス圏ではマイル走が盛んで中距離種目の人気が高いため、イギリス選手など、白人の活躍も目立つ。

世界記録保持者が現役なので押さえておきましょう。

・デビット・レクタ・ルディシャ(ケニア)(1分40秒91(世界記録))1988年生
ルディシャ。結局中距離もアフリカ人が強いのか...と思わせるマサイ族。世界記録を持っているだけではなく勝負にも強い。世陸テグ、ロンドン五輪、世陸北京で金メダルを獲得(世陸モスクワは怪我のため欠場)している絶対王者。

cc42a4e1-5f64-42a6-be27-9ed83220eba2



現在の800mで注目なのはルディシャくらいなのですが、800mを語る上で絶対に外せない人がもう一人います。
モザンビークの筋肉聖母です。

・マリア・ムトラ(モザンビーク)(1分55秒19)1972年生
通称モザンビークの筋肉聖母。とんでもないニックネームです。世陸で金3銀1銅1、五輪で金1銅1の結果を残している1時代を象徴する選手でもあるのですが、筋肉聖母と言われるとそのルックスのほうが気になる。
オープンレーンになる際の接触時に相手選手を睨みつける映像がよく流され、800mの厳しさを伝える材料にされがち。
3b90ec13-e641-4a31-a61e-0301001c90a2



また、ロシアの元代表選手で世陸テグの800mで8位入賞したユリア・ステパノワ選手がリークしたことからはじまるロシアの組織的ドーピング問題など、やたらとお薬の話が多い種目でもあります。女子800mの歴代記録を見ると世界記録のチェコスロバキア(1983年)をはじめ、キューバ・ソ連・東ドイツなどのかなり怪しい80年代前後の記録がたくさん...まあ、確実にやってるでしょう。
筋肉聖母の筋肉は...大丈夫か?



②1500m(世界記録3分26秒00、日本記録3分37秒42)
通称センゴ。トラックを3と3/4周する中途半端な競技で、バックストレートのアーチ状になったスタートラインからオープンレーンでスタートする。見どころはスタート直後の位置取りのためのダッシュとラスト300mの信じられないほどのスパート。
世界大会では勝負のレースになるため、最初と最後以外は超スローペースなことが多い。
女子では中国がやたら強い時期があったりソ連・東ドイツが強かったりとドーピング濃厚。男子はまあわりと散らばってるので大丈夫そう。
わりと入れ替わりのある種目ですが、エルゲルージを押さえておきましょう。

・ヒシャム・エルゲルージ(モロッコ)(3分26秒00(世界記録))1974年生
センゴと言えばエルゲルージ。モルセリという当時最強だった選手に変わってセンゴ界のドンとなり一時代を築き、世陸アテネからパリまでを4連覇している。なんと5000mでも強く、アテネでは1500と5000での2冠という偉業を成し遂げている。マイル走と2000mの世界記録ももっている。
2fb19375-4db4-4c58-b5dc-5b553d11ee3e



比較的入れ替わりの激しい1500m。最近はケニアが強いので覚えておきましょう。

・アスベル・キプロプ(ケニア)(3分26秒69)1989年生
北京五輪で優勝し、世陸テグと北京を連覇した現在のキング。ついに中距離にまでケニア勢力が伸びてきた。
54388c25-7ddf-4897-b05a-279b34e6d0e4


あとはラシド・ラムジ(モロッコ→バーレーン)っていう800,1500で強かったのにドーピングしていなくなった人もいます。

女子選手で今凄い人がいます。ディババ姉妹のひとり、ゲンゼベ・ディババ

・ゲンゼベ・ディババ(エチオピア)(3分50秒07(世界記録))1991年生
エジェガエフ、ティルネシュに続く3人目のディババ。世陸北京ではセンゴ優勝、5000では3位に入った。ピークを過ぎてきた姉と入れ替わるように出てきたので、陸上界ではずっとディババが君臨することになった。3姉妹では一番可愛いとの話もある。
0094c28f-4ac5-4861-b71e-652c3d4d11c5


たぶん女子中距離はしばらくディババが独占だと思うので覚えておきましょう。