①陸上を始めよう
②大会に申込もう
③大会で走ろう
④ 陸上グッズをそろえよう

⑤練習をしよう

陸上選手になったら道具をそろえましょう。ユニクロで走っても問題はありませんが、やっぱりそれっぽい格好をしているほうが気合いが入ります。そして金をかければかけるほど後戻りできなくなるので、そういう意味でもグッズをそろえていきましょう。


1.ウェア

陸上は基本的に何を着ても大丈夫ですが、陸上ウェアというものがあるので紹介します。

タイツ(スパッツ)

もっこりしますが気にしません。最初は抵抗があるかもしれませんが慣れます。ショート、ハーフ、ミドル、7分丈、ロングなどが売られていますが7分丈は競技場ではあんまりみかけません。市民ランナーが履いてるようなサポーター機能付きのものは値段が高いのとゴワゴワで動きにくいので競技場で履いてるひとはほぼいません。
基本はショートかハーフで、寒くなるとその上にロングタイツ(ロンタイ)を履きます。ロンタイは動きやすいアップ用ジャージ的な位置づけなので、1枚で履くことはあまりありません。
最初はとりあえずショート買っておけば間違いありません。基本は生履きかインナーを履きます。パンツの上に履くとモコモコで走りにくい。
(ミズノ) MIZUNO(ミズノ) 陸上ウェア レーシングタイツベリーショート [メンズ] U2MB8011 96 ブラック×チャイニーズレッド M

(ミズノ) MIZUNO 陸上ウェア ロングタイツ (ユニセックス) U2MB7502 95 ブラック×オレンジクラウンフィッシュ M




ランニングパンツ(ランパン)

陸上の基本系のランニングパンツ。2重構造になっていて、インナーみたいなやつがついるので実はそれほどブラブラにならない。生が基本でインナーもあり。パンツの上に履くとハミ出る。
(ミズノ) MIZUNO(ミズノ) 陸上ウェア レーシングパンツ [メンズ] U2MB8001 96 ブラック×チャイニーズレッド L



ランニングシャツ(ランシャツ)

ユニフォームの上です。ちょっと寒い。昔ながらの脇が大きくあいたタイプ、脇がきつくてピッタリ↓タイプ、袖があるタイプなどいろいろ。女子用は脇が狭くなっていてブラチラしないようになっているので、女子が間違えて男子用を着ると恥ずかしい感じになるので注意。
練習の時は普通の速乾Tシャツとかで十分です。
(ミズノ) MIZUNO(ミズノ) 陸上ウェア レーシングシャツ [メンズ] U2MA8050 25 サーフブルー×ホワイト M



靴下

普通の靴下でも全く問題ありませんが、陸上用として薄地で足の裏にゴムが付いてるやつがあります。そういうやつは生地が薄いのでスパイクを履くならそういうやつの方が走りやすい。裸足派の人もいれば5本指ソックス派の人もいる。
(ミズノ) MIZUNO 陸上競技 レーシングソックス(アンクル丈) 51UF140 25 プラネットブルー 23-25




レースのときは
ランシャツ+ランパンが基本です。
スプリントやフィールド競技の場合はランシャツ+ショートタイツもオーソドックスです。

練習のときは
基本は半そでシャツ+ランパン(もしくはタイツ)です。その上にロンタイ、ジャージを履く。
ランシャツランパンでいいんですが、ランシャツである必要もないので普通は半そでを着ます。練習のときはランパンよりもタイツを履く人が多いですが、それもどっちでもいいです。


雑誌ランナーズの表紙のような、タイツの上に短パンやランパンを履くいわゆる市民ランナースタイルは競技場ではちょっと浮きます。
競技場ではもっこりを気にしなくて大丈夫です。ちょっとくらいハミ出しても誰も見てません。
最近は『筋肉の動きをサポートする...』的なウェアも売ってますがそういうのが欲しいならどうぞ。たぶんあんまり変わりません。


陸上のウェアではどっちがいいかわからない選択肢があるので紹介します。
ランパン・タイツ議論
陸上ではランパン派とタイツ派にわかれます。ランパン派は『締め付けられたくない!もっこりさせたくない!』、タイツ派は『ブラブラさせたくない!ハミ出したくない!』という意見が多いですが、どっちでもいいです。
生・インナー議論
ランパン・タイツを履く際に生で履く人が結構います。ノーパンです。問題ありません。が、ハミ出たりぶらぶらする恐れもあるのでインナーを履く人もいます。なかにはパンツの上に履く人もいます。ランパンの上にスパッツを履く人もいます。どれでもいいですが、ランパンの下にスパッツはダサいです。
ミズノ・アシックス議論
どっちでも好きなの買ってください。最近はアディダス派も増えてます。



2.シューズ

走るにはランニングシューズが必要です。普通の運動靴でもいいですが、ちゃんとしたやつを履くと怪我の防止にもつながります。10年くらい前にはほとんど選択肢がなかったんですが、最近はランニングブームもあって一見するとラインナップが豊富です。
が、よくみるとマラソン用のシューズばっかりなので下手に良いやつ買うとクッションが足りなかったりするので注意してください。何に気をつければいいかというと...
同じように見えるランシューですが、おおざっぱに言えば3種類あります。
レーシングシューズトレーニングシューズ中間のシューズです。まあどれ履いても良いんですが、それぞれに適正があるので、間違えて選ぶとあんまり良い事ありません。ソール(靴底)、アッパー(本体)に注目して選んでください。

・レーシングシューズ

マラソンシューズとも呼ばれる基本的には長距離用の靴。ソールもアッパーもとにかく軽くて薄いため速く走ることができるが、耐久性が低い。クッション性も低いのでトレーニングには不向き(怪我しやすい、すぐやぶれる)。フラットソールと言われる靴底形状になっている。見た目がシャープでかっこいい。
SH_U1GD152025_LL

・トレーニングシューズ

ソールもアッパーも分厚くて重い。厚いためブレやすく、速く走るには不向きだが、クッション性が高く耐久性もあるため高負荷のトレーニングに耐えられる。見た目もゴツイ。
SH_J1GC160209_LL

・中間のシューズ

そこそこ厚いソールにそこそこ薄いアッパーが組み合わされている。重くもなく軽くもない(普通のスニーカーに比べれば超軽い)が、十分なクッション性がある。
SH_J1GC153502_LL


とりあえずレーシングシューズ以外を買いましょう
見分け方は、レーシングシューズはフラットソールと言わる、靴底が1枚続きの形状になってます。それ以外はセパレートソールと言ってかかとにスポンジがあり土踏まずにプラスチック、前の方はゴムです。見ればわかります。
あとは種目にもよります。中・長距離なら軽めのシューズ、跳躍なら分厚いシューズ、短距離なら中間のシューズでしょうか。練習をしているとクッションを使うメニューが出てくるのでクッション性は重視しましょう。
おすすめは中間のシューズですがどうせ消耗品なので好きなの買ってください。

『超高反発』とかそういう商品もありますが普通のでいいです。ランニングシューズはあくまで練習用です。




3.スパイク

スパイクを履くと、ピンとプレートと呼ばれる硬いソールによる反発のおかげ速く走れます。これまた種類がたくさんあるので紹介します。


・初心者用(オールラウンド)

ランシューにピンがついたようなスパイクです。ソールがやわらかいためほとんど反発はありません。中学生用的なスパイクです。短距離でも跳躍でも中距離でも使えることになってますがあんまり履く意味ないです。かかとを踏んだりしても壊れにくい。
SH_U1GA163025_LL

・中級者短距離用(ショートスプリント)

100、200、400m、ハードル用の高反発なスパイク。速く走れるけど疲れやすい。練習で使っても2年くらいはもつ。かかとを踏むと一発で壊れる。
SH_U1GA161001_LL

・中級者短距離用(ロングスプリント)

ショートスプリント用よりもやわらかいため、スピードは出にくいが長い距離が走れる。かかとが平たい。400,800mで使う人が多い。
SH_U1GA161309_LL

・中級者中距離用

レーシングシューズに短いピンが付いているようなスパイク。やわらかくて反発はほぼない。これを履くなら軽いランシューの方がいい気もする。
SH_U1GA161454_LL

・上級者短距離用

とにかく軽くて反発が強いので速く走れる。使えば使うほど反発がなくなってくるため、練習で使うのはブルジョア。強い力が加わっても大丈夫な設計になっているため意外と耐久性は高いが、ヘタってくるとハイパフォーマンスを発揮できなくなる。値段も高い。
SH_U1GA160125_LL

・上級者長距離用

とにかく軽い。羽毛のような軽さ。ほぼマラソンシューズだけどよく見るとピンがついてる。乱暴に扱うとすぐ壊れる。濡れるとなぜか臭くなる。
SH_U1GA160301_LL

あとは跳躍用、投擲用がありますが、跳躍用を買う場合は短距離用を買った後です。とりあえず短距離用を買いましょう。

上級者用では固定ピンになっている場合もありますが、基本的にスパイクのピンは取り外し可能です。走っているとすり減ってくるので定期的に交換しましょう。
ピンの形状と長さもいろいろあるんですが、どれをつけてもそんなに変わりません。とりあえず短距離なら9ミリのやつ買っておきましょう。

一般的には上級者用になるほど軽くて反発が強くなります。そのため、怪我しやすくなるとも言われます。が、反発があるおかげで速く走れるので、初心者だからと言って初心者用を買うと後悔するかもしれません。
中級者用くらいを買っておけば間違いありません。
足が遅いから良いスパイク履くのは恥ずかしいというのは高校生までです。人の眼なんか気にせず金にモノいわせて背伸びしましょう。
4万くらい出せば色とか硬さをオーダーすることも可能なので本当にお金ある人はオーダーした方がいいです。


とりあえずウェア・シューズ・スパイクがあればオッケーです。
たぶん全部そろえても3万円あれば足りる。シューズはそこそこのやつがワゴンセールで3千円とかで売ってたりもする(マラソンシューズは高いけど陸上シューズは安い!?)ので探してみましょう。




>>練習をしよう