秋から2018年モデルが出始めています。
ランニングブームが頭打ちになっていますが、未だにランニングシューズの市場は非常に大きい。各メーカーがドル箱商品を狙い毎年色々な改良が見られます。
トラックで走る事を考えて、マラソン系ではなくスピード系シューズの2018年モデルを紹介。

モデルチェンジしていないものは『2017年ランニングシューズ事情』の記事をご参照...
ミズノは『ミズノ編』をご参照...



アシックス

以前としてミズノよりも人気があるが、海外勢の方に押され失速気味。カラーバリエーションを増やしたりマイナーチェンジをしてごまかしてはいるが、最近はこれといった動きがない。

①ターサージャパン(マイナーチェンジ)
②ターサージール(5→6に)

今回は上記2つのモデルにを紹介。

①ターサージャパン

TJR076_3801_0010265523_FR

¥17,280 (税込)
アシックスのフラッグシップモデルで日本製。
2018年モデルはマイナーチェンジがあり、アッパーの構造が微妙に変更されました。保守的だった色も変な緑に。いったい何を考えているのかわかりませんが、アディダスの色をパクった?
TJR076_3801_0010265523_TP
シューレースを通す穴の位置も微妙に変わった。アッパー変更と穴位置変更がフィット感にどれだけ影響があるかは人によるだろうから、いままでジャパンを履き続けてきた人でも気になる人は試し履きした方がいいかも。
TJR076_3801_0010265523_BT

もともとアシックスのシューズはミズノに比べて幅広なものが多いです。スリムモデルが欲しい人はセミオーダーしましょう。
特にジャパンはアッパーが軟らかいため靴紐で幅を調整しようとしてきつく締めあげてしまうと、アッパーも一緒に寄ってしまい外側が破れやすくなります。履いてみて余裕があるようであればワンサイズ下げるか違うメーカーの物を選んだほうが良いでしょう。
軟らかさゆえに、硬いシューズから履きかえるとゆるく感じるかもしれません。


総評:
陸上競技においてあえて高価なジャパンを買うのはブランド価値か、フィット感が他のシューズより良いからでしょう。良い物を履いてる感は他のモデルでは味わえません。実際の重量よりも軽く感じる。
色が安っぽいですが、実際の履き心地はミズノのエンペラーと並んで最高です。
幅さえクリアできればクッションがしっかりしつつも軽くて軟らかい良いシューズ。


②ターサージール6

TJR17D_0630_0010312235_FR
¥15,120 (税込) TENKAは¥16,740
毎年モデル変更を繰り返しているアシックスの人気の超軽量モデル。サブスリーくらいではこれを履く人が非常に多く、アシックスとしてもお金をかけて開発している様子。
ターサージャパンや、ミズノのエンペラージャパンと比べると明らかに硬い。アッパーもソールも硬い。硬いおかげでロードを走るにはいいんでしょう。軽くてロードを走っても疲れにくいシューズは他にはあまりありません。ターサージャパンやエンペラージャパンにはほとんどクッションがありませんが、ターサージールはクッション性も高くできています。
ただ、軽さと引き換えに履き心地も硬い。ソールが硬いだけでなく、アッパーも硬いのでフィット感はいまいち。
TJR291_4993_0010307971_LT
昨年モデルからの大きな変更はアッパー。内側部分にあったストライプを廃止し、メッシュ構造になりました。軽量をうたい文句にするシューズはこの手の変更を行いがちですが、次のモデルでは元に戻る事が多いです。ターサージールではどうなるか。
TJR291_4993_0010307971_TP
内側以外にも軽量化の跡がみられ、ストライプは縫い付けではなくプリントになりました。どれだけ軽量効果があるのかはわかりませんが。




TJR17D_0630_0010312235_BT

TENKA(テンカ)というラインナップもありますが、ただの色違い。
駅伝戦国時代といわれる昨今のレースを勝ち抜き、“天下”を取るために日々鍛錬を続けるランナーの魂を“点火”する、との思いを込めて企画した、「TENKA SERIES(テンカシリーズ)」登場!』ってメーカーは言ってます。
ターサージャパンも色をパクってますが、ジールでもアディダスの『戦』、『練』の匠シリーズをパクって日本風のシューズを作っちゃいました。どうせやるならちゃんと差別化をして欲しいものですが、そこまでの心意気はなかったようです。
しかも点火でイメージする炎的な赤よりもっとオレンジに近い微妙な色です。

総評:
軽いですが耐久性があり、あえて選んでも良いシューズ。足入れは硬いけど、これでレースに出るわけではないので問題はありません。