ジョイナーに次ぐ世界歴代2位、パフォーマンス歴代4位の10秒64の記録を持つ、アメリカのカーメリタ・ジーターが引退を発表しました。

1a48c18e-c5ce-4a18-a892-080212be09de

世陸テグでは100mで1位、200mで2位。ベルリン、大阪、モスクワでは100mで3位になるなど、女子短距離のいち時代を代表するランナーでした。
引退後はコーチになるとか。