陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

リオ五輪イヤーの2016年。国内のスパイク事情はどうなっているのでしょう。

2017年はこちら

☆アシックス☆
初心者向け
まさかの豊富なラインナップ。エフォートだけじゃだめなんでしょうか。

・エフォートEF
(3色)SK(3色) 8,900円 
http://corp.asics.com/jp/press/article_pdf/2076.pdf
安定のエフォート。がんばれ。
TTP521_0150_0010184022_FR
続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


中距離編
①800m(世界記録1分40秒91、日本記録1分15秒75)
トラックを2周する競技。スタンディングでスタートし、最初のコーナーまではセパレートレーン、直線に入ったところでオープンになる。中距離とはいえ非常に高いスピードでポジション争いが起こるため接触や転倒が多い。
続きを読む

2016年4月17日(日)、第100回日本選手権の競歩が石川県輪島市で開催されました。
50kmWの世界記録は3:32:33。日本記録は3:40:12。世陸北京の優勝タイムは3:40:32です。

結果は
優勝:谷井 孝行(自衛隊体育学校)3時間44分12秒
2位:荒井 広宙(自衛隊体育学校)3時間44分47秒
3位:勝木 隼人(自衛隊体育学校)3時間52分07秒

谷井選手は世陸北京で銅メダルを獲得しており、すでにリオ五輪代表に内定しています。
2位の荒井選手は日本人一位ではなかったため代表内定とはなりませんでしたが、派遣標準記録3時間45分を突破しています。

競技結果はJAAFのHP確認できます。
http://www.jaaf.or.jp/taikai/1369/




翌4月18日(月)にはリオ五輪代表選手6名が発表されました。
http://www.jaaf.or.jp/taikai/1397/

<男子20kmW>
  • 髙橋 英輝(たかはし・えいき) 富士通(千葉)
  • 松永 大介(まつなが・だいすけ) 東洋大(神奈川)
  • 藤澤 勇(ふじさわ・いさむ) ALSOK(東京)
<男子50kmW>
  • 谷井 孝行(たにい・たかゆき) 自衛隊体育学校(埼玉)
  • 森岡 紘一朗(もりおか・こういちろう) 富士通(千葉)
  • 荒井 広宙(あらい・ひろおき) 自衛隊体育学校(埼玉)

ちなみに男子20kmW世界記録(1時間16分36秒)保持者の鈴木雄介は怪我のため欠場です。





 

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


跳躍編
④棒高跳
英語ではPole Vaultとなり、『ポール』と呼ばれる。陸上競技の中で唯一、道具の力を使う種目です。ルールは基本的に走高跳とほぼ同じで、3回連続で失敗すると競技終了。そのため、競技時間は陸上の中で最も長い。
昔は竹竿で跳んでおり、ロス五輪(1932年)では西田修平さんが銅メダルを獲るなど、竹産出国である日本の強い競技でした。現代のポールはグラスファイバー製です。ちなみに、跳躍中のポールの持ち替えは禁止です。
続きを読む

①陸上を始めよう
②大会に申込もう
③大会で走ろう
④陸上グッズをそろえよう
⑤ 練習をしよう


陸上の練習は結構特殊です。サッカーや野球の練習は半日とか長いと一日やってたりしますが、陸上は長くても3時間。早い時は2時間で終わります。
陸上を始めたばかりの人はなにをやったらいいのかわからないと思うので、これやっとけばとりあえずokという流れをざっくり紹介します。

続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


跳躍編
③走高跳
誰でも体育で経験がある高跳び。1m50くらい跳べば暮らすクラストップだったと思いますが、世界記録は2m45。想像もつかない高さです。世界記録保持者はキューバのソトマヨル
世界レベルになるとまず身長がすごい。だいたいみんな2mレベルです。競技場でやたら背が高くて細い人がいたらほぼ間違いなく高跳び選手です。

・ハビエル・ソトマヨル(キューバ)(2m45(世界記録))1967年生
1993年に記録した2m45は現在も破られていない世界記録。ドーピングによる出場停止を経験しており、この記録も怪しい。早くこの記録を破って過去のものにして疑義のないクリーンな世界記録が生まれてほしいと考えている陸上ファンも多い。
dc573b1a-0598-47a8-be37-7db7faaf3fda
続きを読む


土は針ピンで、タータン用は平行ピン』が陸上界の常識でした。そういうもんだと思ってました。

昔ナイキやアディダスのスパイクを買った際になぜか土ピンがついてきたことありませんでしたか?
買ったスパイクのピンをわざわざ平行ピンに付け替えてた気がします。
スパイクのピン形状について、タータントラックではかつては『鋭利なものを使用してはならない』との一文が競技規則にあり、その為にスパイクピンは平行ピンしか使えませんでした。
スパイクの固定ピンも金属ピンではなくて三角のプラスチックだったりしました。

平行ピンによって反発がどうのとか3段ピンでグリップがどうのとか、けっこう怪しい宣伝文句を信じざるを得ない状況だったと思います。

続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


跳躍編
②三段跳
幅跳びのように走ってきて、ホップ・ステップ・ジャンプする競技です。3歩でスクランブル交差点を超える超すごい競技ですが、競技人口が少ないので陸上の中でもマイナーな競技で、体にかかる負荷が非常に高く、怪我しやすい種目なので中学生以下の大会では採用されていません。陸上のなかでも難しい種目の一つです。
ホップ・ステップは同じ足、ステップは逆足となります(右・右・左もしくは左、左、右)。たまに間違えて右・左・右で踏切るひとがいますが、当然ファールになります。
この種目にもレジェンドがいますので押さえておきましょう。その名もジョナサン・エドワーズ。三段跳界は彼を中心にして語られます。

・ジョナサン・エドワーズ(イギリス)(18m29(世界記録))1966年生
すごく良い人っぽい見た目の英国紳士です。たぶん嫌いな人はいません。世陸イエテボリ(1995年)ではひとり桁違いの跳躍を連発し、世界記録を2度マーク(18m29)して優勝。この記録は現在も破られていません。なめらかで綺麗なシングルアームジャンパーです。ちなみに18mジャンパーは歴代で5名しかいません。
世陸パリ(2003年)で引退。
f43ef283-8c64-49a3-83f7-2f28ac7734d9

続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。

跳躍編
①走幅跳(Long Jump)
誰でも一度はやったことのある幅跳びも世界レベルではとんでもない事になっています。世界記録は驚きの8m95。中型のバスより長く、縦にすると3階建てのアパートより高いくらいです。落ちたら骨折、下手したら死ぬくらいの距離を跳ぶわけですね。
100mと並んで陸上の人気種目でもあります。前回優勝者があっさり予選落ちしたり、めちゃくちゃ跳んだのにファールだったり、最終跳躍で大逆転したりとドラマチックな展開が楽しめるのも幅跳びの楽しみの一つ。6本の試技があり、競技時間もそれなりに長いので生で陸上観戦をする際には砂場の前に座ると楽しめるかも。
1991年の世陸東京でのマイク・パウエルvsカール・ルイスの超ハイレベル対決は押さえておきましょう。

・マイク・パウエル(アメリカ)(8m95)1963年生
MJと並ぶ陸上界のレジェンド。世陸東京では大スターカール・ルイスとの直接対決を現在でも破られていない世界記録8m95をマークして制した。追い風参考で8m99を跳んだこともある超人。
f474bbde-b2a3-4cec-ae6a-0ba05f093c2e


続きを読む

このページのトップヘ