陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。


土は針ピンで、タータン用は平行ピン』が陸上界の常識でした。そういうもんだと思ってました。

昔ナイキやアディダスのスパイクを買った際になぜか土ピンがついてきたことありませんでしたか?
買ったスパイクのピンをわざわざ平行ピンに付け替えてた気がします。
スパイクのピン形状について、タータントラックではかつては『鋭利なものを使用してはならない』との一文が競技規則にあり、その為にスパイクピンは平行ピンしか使えませんでした。
スパイクの固定ピンも金属ピンではなくて三角のプラスチックだったりしました。

平行ピンによって反発がどうのとか3段ピンでグリップがどうのとか、けっこう怪しい宣伝文句を信じざるを得ない状況だったと思います。

続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


跳躍編
②三段跳
幅跳びのように走ってきて、ホップ・ステップ・ジャンプする競技です。3歩でスクランブル交差点を超える超すごい競技ですが、競技人口が少ないので陸上の中でもマイナーな競技で、体にかかる負荷が非常に高く、怪我しやすい種目なので中学生以下の大会では採用されていません。陸上のなかでも難しい種目の一つです。
ホップ・ステップは同じ足、ステップは逆足となります(右・右・左もしくは左、左、右)。たまに間違えて右・左・右で踏切るひとがいますが、当然ファールになります。
この種目にもレジェンドがいますので押さえておきましょう。その名もジョナサン・エドワーズ。三段跳界は彼を中心にして語られます。

・ジョナサン・エドワーズ(イギリス)(18m29(世界記録))1966年生
すごく良い人っぽい見た目の英国紳士です。たぶん嫌いな人はいません。世陸イエテボリ(1995年)ではひとり桁違いの跳躍を連発し、世界記録を2度マーク(18m29)して優勝。この記録は現在も破られていません。なめらかで綺麗なシングルアームジャンパーです。ちなみに18mジャンパーは歴代で5名しかいません。
世陸パリ(2003年)で引退。
f43ef283-8c64-49a3-83f7-2f28ac7734d9

続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。

跳躍編
①走幅跳(Long Jump)
誰でも一度はやったことのある幅跳びも世界レベルではとんでもない事になっています。世界記録は驚きの8m95。中型のバスより長く、縦にすると3階建てのアパートより高いくらいです。落ちたら骨折、下手したら死ぬくらいの距離を跳ぶわけですね。
100mと並んで陸上の人気種目でもあります。前回優勝者があっさり予選落ちしたり、めちゃくちゃ跳んだのにファールだったり、最終跳躍で大逆転したりとドラマチックな展開が楽しめるのも幅跳びの楽しみの一つ。6本の試技があり、競技時間もそれなりに長いので生で陸上観戦をする際には砂場の前に座ると楽しめるかも。
1991年の世陸東京でのマイク・パウエルvsカール・ルイスの超ハイレベル対決は押さえておきましょう。

・マイク・パウエル(アメリカ)(8m95)1963年生
MJと並ぶ陸上界のレジェンド。世陸東京では大スターカール・ルイスとの直接対決を現在でも破られていない世界記録8m95をマークして制した。追い風参考で8m99を跳んだこともある超人。
f474bbde-b2a3-4cec-ae6a-0ba05f093c2e


続きを読む

①陸上を始めよう
②大会に申込もう
③大会で走ろう
④ 陸上グッズをそろえよう

⑤練習をしよう

陸上選手になったら道具をそろえましょう。ユニクロで走っても問題はありませんが、やっぱりそれっぽい格好をしているほうが気合いが入ります。そして金をかければかけるほど後戻りできなくなるので、そういう意味でもグッズをそろえていきましょう。


1.ウェア

陸上は基本的に何を着ても大丈夫ですが、陸上ウェアというものがあるので紹介します。

タイツ(スパッツ)

もっこりしますが気にしません。最初は抵抗があるかもしれませんが慣れます。ショート、ハーフ、ミドル、7分丈、ロングなどが売られていますが7分丈は競技場ではあんまりみかけません。市民ランナーが履いてるようなサポーター機能付きのものは値段が高いのとゴワゴワで動きにくいので競技場で履いてるひとはほぼいません。
基本はショートかハーフで、寒くなるとその上にロングタイツ(ロンタイ)を履きます。ロンタイは動きやすいアップ用ジャージ的な位置づけなので、1枚で履くことはあまりありません。
最初はとりあえずショート買っておけば間違いありません。基本は生履きかインナーを履きます。パンツの上に履くとモコモコで走りにくい。
(ミズノ) MIZUNO(ミズノ) 陸上ウェア レーシングタイツベリーショート [メンズ] U2MB8011 96 ブラック×チャイニーズレッド M

続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。


短距離編
②400mもあるよ
素人受けは悪くても、陸上界で最も尊敬される競技のひとつ、400m。『無酸素運動の限界』とされています。
見てると楽そうですが、実際に走ると乳酸・ケツ割れ・嘔吐に見舞われます。
そんなハンパなくきつい400mには、伝説の男がいます。そう、『MJ』です。

・マイケル・ジョンソン(200m:19秒32、400m:43秒18(世界記録))1967年生
通称MJ。200(当時)、400mの世界記録を叩きだした陸上界の伝説です。200mの記録こそボルトに塗り替えられましたが、400mはあと10年はこのままでしょう。
世陸で織田裕二さんがMJMJ連呼してます。
見てくださいこの走り。こんなリラックスしたフォームで走れる人はMJ以外いません。まさに天才。



続きを読む

これだけ知ってれば陸上通っぽく振る舞えるという基本情報です。
本当に詳しい人にとっては常識ですが、これだけ知っていればそれっぽく見えるでしょう。

短距離編
①100m(世界記録9秒58、日本記録10秒00)
陸上の花形といえば100mです。現代の100mを象徴するのがボルト・パウエル・ガトリン・ゲイ。2000年代中盤から2016年現在に至るまで、世界のトップは4名が独占し、ほぼ変わっていないという特異な状況になっています。まさに一時代を築いていますが、リオで世代交代がありそうです...
そんなレジェンド4名を押さえておきましょう。

・ウサイン・ボルト(ジャマイカ)
(100m:9秒58、200m:19秒19)1986年生
100,200mと4×100mリレーの世界記録保持者。最初出てきたときはヒョロっとした200m専門の選手だったのにいつのまにか絶対王者になってた。圧倒的過ぎて、『勝つか負けるか』よりも『何秒で走るのか』という視線で見られる。世陸北京大会(2015年)のウイニングラン中にカメラマンの乗るセグウェイに轢かれた。日産GTRに乗っている。身長が196cmもある。リオ五輪で引退するらしい。→リオで五輪は最後。世陸ロンドンで引退?
28cc437f-2b49-46af-955b-4a3f793ca38c


続きを読む

①陸上を始めよう
②大会に申込もう
③ 大会で走ろう

④グッズをそろえよう
⑤練習をしよう

うまいこと大会の申込みが出来たらいよいよ本番です。
陸上の大会は主催者の決めた時間通りにスタートしてしまうので、間に合わないと失格になってしまいます。
最初はわけもわからず困惑するかと思いますのでそのあたりを重点的に。
コール漏れに注意!!


1.事前準備
大会申込みが無事終わると、主催者からメールの返信があったり、受付完了の手紙が来たりします。たいていの場合はこの時にタイムテーブルというものが発表されると思われます。あるいは大会の1週間前とかにHPで公表されるはずです。
たま~に当日行ってみないとわからない大会もあります。
タイムテーブルっていうのは大会の進行表のことです。こんなやつ。大きい大会だと予選とかありますが、予選のない大会もあります。
続きを読む

①陸上を始めよう
② 大会に申込もう

③大会で走ろう
④グッズをそろえよう
⑤練習をしよう


大会への申し込み方法



陸上を始めてみてどんなもんかわかってきたら次は大会に出てみましょう。大会申し込みの事をエントリーとも言います。


1.大会に出る為の予備知識

陸上の大会には2種類あります。公認大会非公認大会です。基本的には同じですが、記録が公認になるかどうかという違いがあります。

公認大会

出場する為には陸連(日本陸上競技連盟)というところに選手登録する必要があります。短距離・跳躍種目ではスパイクが必須になっていると思います。記録が公認記録として認めらます。

非公認大会

超本格的な運動会みたいなものだと思ってください。出場に陸連登録は必要ありません。運動靴でも問題なく出場できます。最近ブームのマラソン大会はほとんどがこの非公認大会の長距離版です。記録は非公認の参考記録になりますので世界記録を出しても無効です。


続きを読む

①陸上を始めよう
②大会に申込もう
③大会で走る
④グッズをそろえよう
⑤練習をしよう

まだまだマイナーな陸上競技。部活でやってる人がほとんどだと思います。
最近のマラソンブームで大人になってからファンランを始め、マラソン大会やロードレースに出場する人も増えているかと思います。
ですが、本サイトでは、あえて『track &field』としての陸上を紹介します。
気軽に出場できるマラソン大会も良いですが、市民大会とか選手権でトラックを走ってみてはいかがでしょう。


大人が陸上を始めるには
近所をランニングするのもいいでしょう。でもそれだけでは陸上の楽しさは十分には味わえません。
大人になって走るというとマラソン系がほとんど。短距離というとアスリートなイメージで、素人が気軽に始めることはほぼ不可能でしょう。一歩踏み出すまでは頑張るしかありません。踏みだしちゃえばどうということはない。
では、陸上を競技としてスタートするにはどうしたらいいのでしょう。そのあたりを紹介します。


クラブチームに所属する

続きを読む

マラソンのリオ五輪日本代表選手が決定しました。

日本陸連のHPで公表されています。
http://www.jaaf.or.jp/taikai/1397/

<男子> ※左から順に、氏名、所属、選考レースの順位および記録
  • 佐々木 悟(旭化成)福岡国際マラソン3位 2時間08分56秒
  • 北島寿典(安川電機) びわ湖毎日マラソン2位 2時間09分16秒
  • 石川末廣(Honda) びわ湖毎日マラソン4位 2時間09分25秒

<女子>

  • 伊藤 舞(大塚製薬)世界選手権7位 2時間29分48秒
  • 福士加代子(ワコール)大阪国際女子マラソン1位 2時間22分17秒
  • 田中智美(第一生命)名古屋ウィメンズマラソン2位 2時間23分19秒



選考基準を巡って毎回すったもんだするマラソンですが、サッカーの代表選考よりはわかりやすいと思ってます...







 

このページのトップヘ