陸上ch

陸上の情報を集めて掲載しています。

なんやかんやで市民ランナーの絶大な支持を集めるアシックス。海外の勢いに押されてはいますがいまだに存在感はあります。
2018年にはターサー35周年で特別色が出ましたが、三村さんという靴職人がいた時代のいわば黄金期であった高橋尚子、野口みずきと、なぜか桐生をフューチャーしたモデル。
ナイキのデザインに比べるとアシックスはあきらかにダサい。それもあってか、下位モデルではナイキっぽいデザインの商品も出て来ました。

それでもやっぱりアシックス。上位モデルは履けば良い。
陸上に使えそうなモデルを中心に紹介します。正直、あんまり変わってない。


ミズノ編はこちら(2019ランシュー事情ミズノ編

過去の事情はこちら
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノ・アシックス・海外メーカー


スパイクの事情はこちら
2019年(ミズノ・アシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ランシューは年ごとに発売って感じでもないので、書いてる時点で売ってるシューズを今モデルってことにしてます。

アシックス

ラインナップはごちゃごちゃ。名前もややこしい。商品ごとの違いはいまいちわかりにくいし、市民ランナー向けの商品が多い。そんななかでも良いモデルは良い。
ミズノ編で『エキスパート』、『レーサー』、『ランナー』という3カテゴリー分けをしたのでアシックス編もそれでいきます。
結論から言えば、フリークスジャパンが一番良いと思う。

エキスパート(長距離)

マラソンと言えばアシックス。ソーティシリーズがアシックスのロード上級モデル。練習に使うには薄すぎるけど、スパイク的な使い方をすると裸足で走ってる感じになって接地感覚が磨ける。

ソーティマジックRP4

マー薄い。軽い。クッションなんかない。基本的には練習なんかじゃ使えない。ミズノで言うエキデンくらい。
フラットソールでノークッションなので、冬季のスパイク代わりに使えるシューズ。








続きを読む

ついに日清が実質廃部になります。
19年のニューイヤー駅伝は16位に沈むなど近年は目立った成績が残せていない名門チームでしたが、ついに廃部。
実際には東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権がある佐藤悠基選手と村沢明伸選手の2名以外の退部と内定者2名の取消ですが、まあ廃部です。

19年明け現在で14名の在籍がありましたので彼らは移籍か引退を迫られます。






続きを読む

ランニングブームもそろそろブームというよりフィットネスとして定着したに感があります。
ブームに乗れなかったミズノと、ブームには乗ったものの海外勢に押し出されたアシックス。ブームを契機に日本市場に定着した海外勢。
箱根駅伝ではヴェイパーフライが繁茂し、上位はほぼ海外ブランド。かつてはシェアを独占し、スポンサーのはずのミズノのシューズなんかほとんどテレビに映らないほどに変遷した昨今のシューズ事情。

そしてそんな動向とはあんまり関係ないトラック競技者向けモデルたち。

2019年のトラック向けのアップシューズを中心にラインナップを整理します。

まずはミズノ編
アシックス編はこちら(2019年アシックス

スパイクの事情はこちら
2019年(ミズノ・アシックス
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他
初心者(初心者のスパイク

ミズノ

公式サイト内でもカテゴリー分けがごちゃごちゃになっているミズノ。『エキスパート』『レーサー』『ランナー』という3つが分かりやすいと思うのでこれでまとめます。わかりにくすぎる分け方だけどレーサーあたりが練習向き。
変わりゆく時代のなかでも昨年から特に変化はなし。

エキスパート(長距離用)

基本的に長距離用なのでザックリ。耐久性が低すぎてアップシューズとしては不向き。バウンディングなんかしたら一発でアウト。
クルーズ、エキデン、エキデンスピリットの3つ。

ウェーブクルーズ13

約160g(26.0cm片方)16,740円
みるからに薄い。履くともっと薄い。『伝統のクルーズ、13代目は反発性が向上。』らしい。レーシングシューズとしては最高。
『ブルー×ホワイト×オレンジ』が2019年の新色でほか2色は2018から継続。
crcr2





続きを読む

世陸ドーハが開催される2019年。翌年に東京オリンピックが控え、国内メーカーは頑張らないといけないところです。
にもかかわらず国内両メーカーに大きな動きなし。2020に向けてお休みの年?
発売前で情報がなくて記載漏れ等あるかもしれませんが知りうる限りで。
(間違えに気付いたら追記・書き換えします)


過去の事情はこちら
2018年(ミズノアシックス
2017年(ミズノアシックスナイキアディダス
2016年(ミズノアシックスナイキアディダスその他

初心者編はこちら(初心者のスパイク


ミズノ

2019年は青+オレンジカラー。
クロノシリーズはオニキスがモデルチェンジ。
ジオシリーズはサイレンサーがモデルチェンジ。
シティウスシリーズは色違い。
フィールド系は継続で変更なし。

クロノシリーズ

固定ピンの上級者向けモデル。オニキス1色、インクス2色、ディスト1色で昨年モデルとは色がちがうだけ。

クロノオニキス2

フラッグシップ。短短専用機。
スケルトンアッパーになった。
ON
ON2
ON3

クロノインクス9

憧れのインクス。100~400、ハードルまで使えるオールマイティなハイパフォーマンスモデル。
色だけ変更で2019年モデルは変な色。『ブルー×ホワイト×オレンジ』と『ブラック×ホワイト×グリーン』の2色展開。来年10にモデルチェンジするタイミングで大幅変更するのかも?
inx
inx2
inx3

続きを読む


世界陸上もオリンピックも開催されない穴のとしだった2018年シーズンも終わりを迎えました。
結果として、屋外の世界記録が2つ(男子マラソンと男子10種)。
室内の世界記録が1つ(男子60m)。

男子の800mまでと跳躍の各種目のランキングです。


100m

1. 9.79(-0.3) Christian COLEMAN(USA)
2. 9.87(-0.1) Ronnie BAKER(USA)
3. 9.88(+1.1) Noah LYLES(USA)
4. 9.89(+1.4) Michael RODGERS(USA)
5. 9.91(+0.4) Zharnel HUGHES(GBR)
5. 9.91(+0.2) Bingtian SU(CHN)
5. 9.91(+0.8) Jimmy VICAUT(FRA)


ボルトの次の第一人者であるコールマンが2017年に続いてランキングトップ。9.79は世界歴代7位タイの記録。コールマンは室内60mでも6.37の世界記録を更新しており、絶好調。
タイムも9.79と、2016年以降最高記録を残している。これは2015年のボルトの記録と同じで、いつのまにか文句なしに一時代を築く選手になっている。2019年の世陸ドーハ、続く東京オリンピックでは優勝最有力候補となるはず。
それ以外では、中国の蘇炳添がまさかの9.91。コールマンが世界記録を出した室内選手権でも6.42の室内アジア記録をマーク。これは世界歴代5位タイ。優勝していても全くおかしくなかった。東京オリンピックまでは現役だろうから、もしかすると優勝もあるかも。
アメリカ勢はロニー・ベイカーが9.87でランキング2位、若手のノア・ライレスが9.88で3位、ベテランのマイク・ロジャースが9.89で4位と、層の厚さが目立つ。
ジャマイカ勢はヨハン・ブレイクが9.94ティクエンド・トランシーが9.96と奮わなかった。

日本ランキングは...
1. 10.00(+0.8) 山縣亮太
2. 10.10(+0.4) 桐生祥秀
3. 10.12(+0.9)  ケンブリッジ飛鳥

山縣選手は、6月に10.05、8月に10.00、9月に10.01と10秒0台を連発。



続きを読む

2008年の北京五輪の4×100mリレーで見事銅メダルを獲得した日本チームでしたが、金メダルだったジャマイカのネスタ・カーター選手がドーピングの再検査で陽性となり、失格が確定しました。
これにより、日本は繰り上がって銀メダルとなります。

いまさら感はありますが、銀メダルは嬉しいことでしょう。
なにより、ドーピングはだめ。


ドーピングに関して、日本では最近は鉄剤注射が話題になっています。





続きを読む

2019年にドーハで開催予定の世界陸上の参加標準が発表されました。

IMG_8494


男子は1500m、砲丸投、円盤投で、
女子は1500m、100mH、棒高跳、三段跳、円盤投、七種で日本記録以上の記録になっています。
男女ともにフィールドは厳しく、特に女子は長距離以外ではほぼ出られない勢い。


短距離はどうしようもないかもしれないので、オリンピックを契機にしてフィールド種目が出来る環境を整えてもらいたいところだ。






続きを読む

ランニング人口2000万人を目指す

ついに日本陸連がランニングブームに水を差した。
『2040年までにランニング人口2000万人を目指す』というのだ。

いわゆるマラソンブーム、ランニングブームが始まって約10年。このブームは日本陸連とは全く関係なく発生したもので、無数にある市民マラソン大会はその数2000を超えるらしい。だれも中央管理していないのでその正確な数は不明。
ちなみに、日本陸連的には現在のランニング人口は900万人(!?)だという。

陸連のHPで発表の詳細は公開されている。
全国各地で開催されている約2,000~3,000にものぼる市民マラソン大会や行政、企業といった、あらゆるステークスホルダーとの連携や、数千万人とも言われるランナーデータを一元化したデータベースを構築し、そのビッグデータを活用していくことで、ランニング人口の拡大および、ランニング・健康市場の活性化を目指しております。

だと。
どうなんでしょう。

ザックリ言えば、陸連がタッチしていない大会に対して
安全基準を作り大会をランク付けする
②保険等、大会運営をサポートする
③記録によるエントリーで出走順を管理できるシステムをつくる
④エントリーデータを使ってビジネスをする

という感じ。

個人的には思うところが色々あります。




続きを読む

全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会、通称プリンセス駅伝(笑)が2018年10月21日(日)に開催。TBSで中継され、ワイドショーを賑わすトラブルが発生しました。
このプリンセス駅伝は、上位14位に入れば全日本実業団対抗女子駅伝競走大会への出場権が得られる大会で、いわゆる予選会。予選会なのにテレビ中継があるなんて、駅伝人気ってすごいですね。
競争区間は6区で、
1区 7.0km
2区 3.6km
3区 10.7km
4区 3.8km
5区 10.4km
6区 6.695km

全部で42.195kmを走る、箱根駅伝とかに比べればかなり短い駅伝。ちなみに全日本実業団対抗女子駅伝も同じ距離です。男子のニューイヤー駅伝は100km。
要項はこれ


そんな大会で、優勝候補の岩谷産業の2区の飯田怜選手が転倒、その後四つん這いで200mほど移動し、膝から血を流しながらも次の選手にタスキを繋ぐという、なかなかショッキングな映像が流れました。
それだけでも話題になるのですが、終了後に選手が脛骨(全治3~4カ月)を骨折してたことが判明し、大会運営や監督がやり玉に挙げられて叩かれる事態となっております。

また、3区ではトップだった三井住友海上の選手が脱水(?)でフラフラになって明らかにヤバい感じに。そのまま倒れ込んで棄権になりました。

その後ワイドショーはこのニュースでもちきり。いろんな専門家がいろんな意見を言ってます。
飯田選手の方を中心に思う事。




続きを読む

足が速いとモテる

日本で生まれ育っていれば全員が徒競争を経験しているはず。つまり、全員が短距離走に触れている。
しかし、正しいフォームというか綺麗なフォームで走れている子供がどれだけいるだろうか。
なんとなく、50人に1人くらいな気がする。知らんけど。
小学校の体育で走り方を教わるとはいえ、そもそも先生もそんな専門的な知識はないし、正しいフォームなんて身に付くような環境ではない。
中学校の部活レベルで見ても、ほとんどの子供がめちゃめちゃなフォームで走っている。顧問の先生は専門家ではないので指導できないのはしかたがないし、普通の部活にそこまで求めるべきではないと思う。

そんなことで、小・中学生くらいだと足が速いやつがモテる。

モテたいからみんな運動会に向けて頑張ってコソ連したり、アキレスの瞬足でドーピングするわけです。別にモテたいと思ってない子供でも足の速いやつが羨ましい。
つまり、親は我が子に速く走って欲しいと願い、子供も速く走れるものなら速く走りたいと思っている。
ただ、実際は親も走り方なんてわからないのでネットの適当な情報を見たり、とりあえずただただ走るくらいしか出来る事がなかった。ブルジョアはかけっこの個人レッスンの教室なんてのもあります。

そんなモテたい男子に新たな強い味方があらわれた。
ミズノ『ダッシュドライバーゼクー』だ!!


ダッシュドライバーゼクー

main
定価は4,500円+税(税込価格:4,860円)




続きを読む

このページのトップヘ